西洋医療と東洋医療
299533 昭和天皇は輸血で“殺された”!@ 〜血液型が同じでも致命的副作用が起きる
 
青島航 ( 会社員 ) 14/12/25 PM06 【印刷用へ
『黄金時代へ』(リンク)より転載します。

*******************************************************************
(前略)
・・・船瀬さんの本「日本の真相!」(成甲書房)から本題の部分を抜粋転載させて頂きます。

(以下、転載開始)

■昭和天皇を“殺した”「輸血」

「昭和天皇は輸血で“殺された”!」  こういえば「何をバカなことを」と一笑に付されるだろう。
 
ところが医事評論家T氏は断言する。

「昭和天皇が死のまぎわ、体内出血と下血で連日ニュースになりましたね。あれは、ひっきりなしに大量輸血していたからです」

「輸血」といえば、それは救命措置だとわたしたちは学校で習った。
 
ところが、その輸血が結果として天皇の命を縮めた!

「輸血は臓器移植と同じである」。

医学教科書に、はっきりと書いている。

「……もっとも頻繁に行われている“臓器移植”である(『インターネット百科事典Wikipedia』

他人の臓器を移植すれば、生体内の免疫システムが、拒絶反応を起こす。

「でも、血液型で合う合わないを決めるから安心じゃないの?」と、ふつうは、そう思う。

しかし、それは間違いだ。医学専門家は断言する。

「血液型は指紋と同じ、一つとして同じものはありません」
 
だから、A、B、AB、O型の四分類は、あくまで大ざっぱな大別にすぎない。

同じ血液型でも、他人の血液(非自己)が体内に侵入すると、免疫細胞は攻撃を開始する。
 
同時に輸血された血液細胞からみれば、患者の血液は他人の血(非自己)なので、輸血された血も、患者を攻撃する。
 
つまり、輸血をするということは、からだの中で“血液の大喧嘩”が起こりかねないのだ。


■死亡率100%!輸血ショック症候群(GVHD) 

昭和天皇は、最後は輸血による拒絶反応で命を落とした可能性が高い。この症状を知る医者は少ない。

それは、輸血ショック症状、正式には「移植片対宿主反応(GVHD)と呼ばれる。

「治療として輸血、血液製剤投与や骨髄移植などが行われたときに発症する」
 
その発症メカニズムは―

「輸血した血のなかのリンパ球が増殖して、患者(宿主)のリンパ球や細胞内皮系(免疫系細胞)を攻撃したときに起こる症状。発症すると100%助からない」(医学専門書)
 
つまり、「移植片のリンパ球が生き続けると、このリンパ球は、移植を受けたひとを「非自己」とみて排除しようとする。

こうして宿主(患者)の血液に入った移植片のリンパ球が増殖し、全身にまわると、宿主の組織は主要組織適合抗原という目印がついているので、これを攻撃し、いろいろな症状が起こってくる」「『家庭の医学大辞典』」
 
その症状は―「輸血や骨髄移植後、しばらくすると、皮ふの表面全体に赤い斑点があらわれ、高熱が出る。

下痢、肝臓障害が続発。あらゆる血球が減少し、貧血により衰弱。それだけでなく感染症や出血がおこりやすくなる」

「約1カ月後には、多くの臓器が障害され(多臓器不全で)死亡する」(同書より要約)。
 
恐ろしいのは「有効な治療法がない」ということ。内海聡医師(内科医)は、証言する。

「免疫系がパニックを起こして目茶苦茶になった状態。内臓不全などにつながり絶対助からない」


■血液型が同じでも致命的副作用が起きる!

輸血には、このような致命的副作用が隠されている。血液型が同じでも起こり得る。

しかし、このGVHDを全く知らない医者も多い。恐ろしい話だ。

このGVHD症状を具体的に見てほしい。

「あらゆる血球が減少」とある。これは、いわゆる「貧血」症状だ。輸血したのに血球が減って「貧血」になる!

 医者はさらに焦って輸血する。すると……また「貧血」は悪化する……さらに輸血……。恐ろしい悪循環だ。

輸血がさらに致命的症状を悪化させる。「何がなんだか、わからない」

医者はパニックになる。

患者は地獄の苦しみへ突き落とされる。

さらにGVHD症状に「出血が起こりやすくなる」とある。
 
あらゆる血球―赤血球、白血球、血小板などが激減する。だから、血が固まりにくくなり、出血が加速される。
 
昭和天皇の最後の症状が、出血の連続だった。

医師団は必死で輸血を続行する。すると、出血はさらに加速され……最後は穴のあいたバケツに水を注ぐような状態に……。

恐怖の悪循環で天皇の末期症状は、下血につぐ下血でついに亡くなった。
 
このように昭和天皇はGVHDを発症した疑いが濃厚である。

むろん医師団は、日本の“象徴”を輸血によって“殺そう”としたわけではない。
 
彼らは近代医学の粋を尽くして、天皇の生命を救おうと連夜奮闘したのだ。

しかし、その輸血が、じつは天皇の直接死因となったとすれば、なんとも皮肉としかいいようがない。
*******************************************************************
 
List
  この記事は 288293 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_299533
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
299534 昭和天皇は輸血で“殺された”!A 〜交通事故死か、はたまた輸血ショック死か? 青島航 14/12/25 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp