法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
297032 自滅に向かう日本〜運動が必要なタイミングなのかもしれない
 
澤根和治 ( 45 山形 設計 ) 14/10/25 PM11 【印刷用へ
若干過激に聞こえる記事かもしれないが、社会の動きを見る限り、日本の大部分の人々が「無思考、無意識」であることは事実だ。

それでも、現代の不整合な世界(問題事象)294608294609294644は、人々の潜在意識下で捉えてられているだろう。

このまま何もしなければ、本当に国家を初め官僚,学者,マスコミ,その背後に存在する金貸しの暴走によって、都合の良いように支配され、この記事通り本当に戦争に突き進むかもしれない。

無思考,無意識から転換するための運動が必要なタイミングなのかもしれないと感じた。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
住民至上主義 仕組まれた「自滅する日本」
前阿久根市長 竹原信一のブログ

戦争させる神、国家という妄想
リンク
 
福島原発付近では奇妙な事が起きている。
 
公務員が自分の家族ばかりではなく、親戚、その子ども達までも放射能被害から避難をしないように仕向けている。また、除染とは名ばかり、土の表面と下をひっくり返す作業で、空中に飛散させているが、「危険なので子ども達にマスクをさせるように」と言えば、「いまさら、不安を煽る様な事を言うな」と住民までもが反発するという。

阿久根で行われた原発事故時の避難計画説明においても似たような現象が見られた。「原発事故が起きた時にも役所職員は逃がさず、役所と住民のために働かせる」と市役所の説明。そんな計画であっても、職員達から文句が出る事もない。まるで身分の囚人だ。
 
統治システムとしての国家、この日本は身分や地位を得た者達が、その他の民から自分たちを守りあっている状況に過ぎない。日本に責任者はいない。この国家は単に欲望と恐怖そして無思考、無意識の集団だ。それでも、人々は国家の中心が国会や霞ヶ関などにあると思っている。そして国家を国民の入れ物のように思っている。この国家はひとびとの勘違い、集団妄想にすぎない。

国民主権であれば、国家が国民を怖れていなければならない。しかし、国民が国家を怖れている。ニセモノの神を崇めている。勘違いの神が、さらに自らを崇めさせるため何をするか?それは戦争だ。戦争で国家が至高の神になる。この状況が求める政治家の役目は戦争をすること。身分の囚人となった役人とマスコミはその推進装置になる。囚人が更なる囚人を獲得しようとする。囚人の親が自分たちの子どもを国家の囚人や生け贄にする。

その傾向がますます強くなってきている。すでに、国家による盗聴と検閲が日常的に行われている。そして、秘密保護法、共謀罪など、日本全体が強制収容所になりつつある。暮らしの破綻と悲惨の原因は、人々の無意識、無思考、錯覚、妄想、そして依存心にある。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
(引用以上)
 
List
  この記事は 294608 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_297032
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
297252 「官僚=片付けのできない少年」の比喩がしっくりくる。 伊集院薫 14/10/30 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp