西洋医療と東洋医療
295152 70歳超の54%が服用の降圧剤 死亡リスクが10倍に高まる@
 
ムカシ若者 ( 海の彼方 ) 14/09/10 PM10 【印刷用へ
また、医療のウソが発覚か?!

リンクより転載

***
「血圧147は健康なのか」──医学界を揺るがした「健康基準値論争」について、70万人を対象とした大規模調査を行なった医学者が新たな問題提起をした。その核心を解説する。

 きっかけは週刊ポストの特集記事だった。

「『血圧147は健康』で『病人1800万人減』のカラクリ」(5月2日号)

人間ドック学会が4月4日、150万人の人間ドック受診者のうち、健康な状態にある約1万人のデータをもとにはじき出した新しい「健康基準値」を発表。その新基準値について取り上げた本誌記事が大きな反響を呼び、他のメディアも特集を組むなど、健康基準をめぐる大論争に発展した。

「健康基準値」とは、血圧やコレステロール値などの数値が、ある一定の範囲内に収まっていれば「正常」、逸脱していれば「異常」と判定する際の基準となる数値のことだ。人間ドック学会の新基準が話題を呼んだのは、それらの数値が既存の基準に比べ、大幅に緩和されたからだ。

ところが、その新健康基準はその後、他の学会からの猛抗議を受けることになる。

<本当に「正常」といえるか不明であり(中略)一部には「要再検査、要治療」が含まれている>(高血圧学会)

<人間ドック学会の「基準範囲」は日本国民の健康に悪影響を及ぼしかねない危険なもの>(動脈硬化学会)

などと、既存の基準値を定めてきた各学会の逆鱗に触れたのだ。

そうした圧力の前に、人間ドック学会は「あくまで健康の目安であり、病気のリスクを示したものではない」と、すぐさま尻尾を巻いた。

そのまま押し切られるかに見えた「健康基準値論争」に待ったをかけたのが、大櫛陽一(おおぐし・よういち)・東海大学医学部名誉教授である。
大櫛教授は、いまから10年前の2004年、日本総合健診医学会シンポジウムのなかで、全国約70万人の健診結果から、日本ではじめて男女別・年齢別の「健康基準値」を発表した第一人者だ。

今回の人間ドック学会の調査のまとめ役といえる研究小委員会学術委員長を務めた山門實(やまかど・みのる)・足利工業大学看護学部長とは、かつて共同研究を行なった間柄でもある。

***続く
 
List
  この記事は 294834 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_295152
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
295154 70歳超の54%が服用の降圧剤 死亡リスクが10倍に高まるA ムカシ若者 14/09/10 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp