西洋医療と東洋医療
295131 ’薬を飲まない薬剤師’が説く「薬が病気を作る」 @
 
庄恵三 ( 60代 神奈川 営業 ) 14/09/10 PM06 【印刷用へ
「薬が病気を作る」は本当だった!その@

○日本は医薬分業になり、ひところのように医者が薬を無闇と処方するという傾向は少しは減ってきているようですが、ちょっと風邪気味というだけで医者に駆け込み、注射を求めるという風潮は依然として強く残っているようです。
それに対し「薬剤師は薬を飲まない」(宇田川久美子リンク
という本を書いた薬剤師が「週間東洋経済」9月13日号に「『薬が病気を作る』は本当だった」、という一文を寄せ、日本人の薬好きに警鐘を鳴らしていますので抜粋紹介します。[ ]内投稿者談

☆「風邪は寝て治すのが一番いい」
・風邪を引いた、薬を飲んだ、つらい症状がたちまち消えた、やがてすっかり風邪が治った。こうなると薬を飲んだから風邪が治ったと感じるのも無理はない。
咳、鼻水、熱といった症状を速やかに抑えるのには薬は効果的だ。しかし薬はあくまで対症的に鼻水を止め、咳を止め、熱を下がるだけだ。

・しかし風邪薬は症状を生んでいる原因を撃退してはくれない。風邪に伴う症状は、ウイルスと闘い排除しようとしている自らの免疫反応だ。
・本当に立ち向かわねばならないのは、ウイルスであり風邪の症状一つひとつではない。

・となると、風邪を引いたときにすべきことは、安易に薬を飲んで症状を抑えることではない。
ウイルスという敵と闘っている体をフルサポートすることだ。

・風邪の諸症状、つまり「闘っているサイン」が見え始めたら、体がエネルギーを消耗しないようにすることが第一だ。体を冷やさないようにして早めに寝て、十分な睡眠をとろう。

☆「タミフル好きな日本人」
・09年日本政府が大量にタミフルを備蓄した。日本における売上比率は3割近くに達し、米国と同程度になった。
なぜ海外の国々は簡単にタミフルを譲ってくれたのか?

・それは「インフルエンザは自然治癒する感染症である」というのは世界の常識だからだ。
09年、アメリカ疾病予防管理センターは「インフルエンザ治療薬使用のガイドライン」の中で、「健康な成人、子供に抗インフルエンザ薬は不要」との方針を出している。
[にも拘わらず日本の厚労省が大量輸入した陰に、米国〜医薬業界の思惑があったことは想像に難くない]

・インフルエンザにかかったとき高熱が出るのは、それだけ体温を上げることで免疫力を活性化しているからだ。安静にして自分の体とじっくり向き合うことが先決だ

☆頭痛「飲み続けると免疫力は低下」
・頭痛の薬はさまざまだが、ズキズキ、ガンガンという痛みの場合、頭部の血流がいつもより多く、ドックン、ドックンと流れることによって痛みが生じている。
・薬は、血流を抑えることで痛みを消している。
実はこの「効果」が免疫力を下げることにつながっている。

・痛み止め薬は頭部にピンポイントで作用するわけではない。薬は血液に乗って体全体に行き渡り、痛み止めの作用は、特に痛みのないほかの部位にも及んでいる。
・血流が悪くなるほど体温は低下する。安易に痛み止めを飲むと全身の血流が悪くなって体温が下がり、結果的に免疫力も低下する。

・薬を飲むことで抑えられた血流は、薬が切れると前にも増して多く流れるようになり、結果的にはさらにひどい頭痛を招いてしまう。

・どうしても痛みが我慢できず薬を服用する場合でも、なぜ痛みが生じたのか、自分にその原因を問いかけて欲しい。どのタイミングで痛くなるのか、目は疲れていないか、肩は凝っていないか〜、原因が無くならなれば症状は繰り返し現れることになる。

☆糖尿病「薬による管理が難しい血糖値」
・糖尿病の主な原因の一つが過食だ。野生動物は嗜好のための食事は取らないので、糖尿病をはじめとする生活習慣病にはならない。

糖尿病になってしまったならば、まずは食生活を見直し、適度な運動を心がけることだ。毎日歩くことを意識するだけでも、血糖値は大きく変化する。

☆骨粗鬆症「作られた現代病 薬の刺激も強い」
・かつて骨粗鬆症という病名は無かった。1990年代骨密度計の普及と伴に突如として登場した新しい病気である。
年を取るにつれて骨密度が下がり身長が縮むのはごく普通のこと。骨粗鬆症が登場した90年代から、骨密度の低い人が激増したというわけではない。

・基準値を定めたために、「治療が必要な病気」をされるようになっただけなのだ。[このあたり、基準を下げて患者を増やす糖尿病や高血圧病と同じたくらみを感じます]

・骨密度が下がっているから骨折するのではなく、転ぶから骨折するということだ。
大事なのは骨密度を上げることではなく骨折を防ぐこと。リスクの高い薬を安易に飲んで骨密度を高めるよりも、まず転ばないような体を作ることが先決だ。
                           引用終わり
 
List
  この記事は 289247 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_295131
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
301236 風邪薬で風邪は治らない? 胃薬は依存症に? 医者が教える危険な薬、ダメな病院 山上勝義 15/02/16 AM00
295564 薬が病気を作る?薬剤師が教える薬の危険 抗うつ剤を飲むとうつ症状に、自殺や他害行為も 匿名希望 14/09/19 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp