学者とマスコミはグルで頭脳支配
294644 追求のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
 
岡田淳三郎 ( 70代 大阪 経営 ) 14/08/30 PM07 【印刷用へ
○健康診断の嘘
血圧の正常値の上限は、1987年の180未満から現在の130未満まで、いつの間にかどんどん引き下げられてきた。この基準値引き下げの結果、高血圧と「判定」される患者は170万人から2700万人へと16倍に膨れ上がり、高血圧疾患には年間2兆円も使われるようになった。もちろん、その分だけ医者と薬品会社の売上が激増した。
また、胸部X線検査は、約100年前に国民病だった結核を診断するため導入された検査だが、現在は結核患者が激減したため、目的を「肺がんの早期発見」に変更した。しかし、がん専門医が指摘しているように、「胸部X線検査で肺がんの早期発見などあり得ない」。
又、すでに20年以上前に、米国や英国の研究で「健康診断によって死亡率が低下することはない」ことが証明されている。

○ワクチン(予防接種)の嘘
高速でDNA変異するインフルエンザウィルスに対しワクチンは殆んど効果が無い。これは、WHOや厚生労働省も認めている事実である。むしろ、ワクチンに含まれる重金属や他の生物のDNA断片などが引き起こす深刻な副作用が多数報告されている。
米国では2009年のインフルエンザ流行の際、疾病対策予防センターが過剰にインフルエンザの脅威を煽り、強制的にワクチン投与を進めたこと、その結果、妊婦の胎児死亡率が24倍にも上昇したことが情報公開法により明らかになっている。
子宮頸がんワクチンも、米国の食品医薬品局が「子宮頸がんの原因とは無関係で、全く無意味」と認めたワクチンである。しかし日本では、2010年以降、10代の希望者にも対象を広げて投与されるようになった。その結果、歩行障害、記憶障害、激しい頭痛などの重篤な副作用が多数発生し、被害者による連絡会が次々発足している。

○がん治療の嘘
アメリカで271人の医者に「自分自身ががんになったら抗がん剤を打つか?」と聞くと、270人が「断固ノー」だった。それも当然で、抗がん剤はベトナム戦争で枯葉剤として使われたマスタードガスから生成され、致死量もマスタードガスと変わらない。しかも値段は抗がん剤1グラム3億円もする代物である。
すでに1988年に米議会のがん問題調査委員会では、「抗がん剤は、実は造がん剤」であると結論付けられており、その後、抗がん剤だけではなく放射線治療も摘出手術も延命効果よりも免疫力低下の害の方が大きいことが明らかとなっている。
従って、今や「がんはうかつに治療すべきではない」ことが、世界の常識となっている。にも拘(かかわ)らず、日本の医者は未だにがんと言えばほぼ100%、すぐ抗がん剤、放射線、摘出手術を強要する。結果、日本は、抗がん剤が世界の20倍、摘出手術が17倍にもなっている。がんほど、おいしい商売はないからである。
健康診断にせよ、ワクチンにせよ、がん治療にせよ、欧米に比べて日本の医療界だけが著しく遅れている理由は、自民党の集票マシーンである医師会が政府・官僚から医科大学までをほぼ牛耳っているからであり、今や医は算術に成り下がってしまったからである。
実際、昔の医者と現在の医者は、全く別の人種と言っても良いくらいに、かけ離れている。とりわけ、中受塾出身者が大多数を占めるに至った現在の50才以下の医師は、無能の極みであって、検査の数値に応じて機械的に薬を選ぶことしかできない。従って、この連中はますます検査頼みとなり、患者を検査漬け・薬漬けにしてゆくしか能がない。60才以上の昔の医者とは大違いである。
 
List
  この記事は 294609 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_294644
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
297522 健康常識はウソだらけ! 供永涼助 14/11/05 PM09
295542 追求のススメ「○○の嘘」に対して「断定的」という意見がありましたが、一方的に子供たちを染脳しているのはマスコミ・学者・政治家 新大阪駅 14/09/18 PM11
294955 ワクチンのデータ(その1) チーズカレー 14/09/06 PM07
294834 90%以上のガンは数週間のうちに完治する アールティ 14/09/03 PM07
294732 追求のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1) 岡田淳三郎 14/09/01 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp