生物学を切開する
29203 利他行動
 
高田敦 ( 30代 大阪 塾講師 ) 02/04/23 PM00 【印刷用へ
皆さん、お久しぶりです。
吉国さんの投稿(29176 生物多様性のなぞ、その実現構造、その2)を読ませていただき、生物の「利他行動」について考えました。

利他行動、利他主義(altrism):他の存在に利益を与えるような行動。利己的ではない行動。

その個体には不利益であろうのに、自己犠牲的に同種の他の個体の利益になるような行動をとる例が、人間を含め多くの動物で見られるようです。利他行動は、一見するとその個体本人には不利益な行動のように見えますが、遺伝や進化面から見ると「自己同種の 遺伝子 が殖えやすくなる」から 淘汰 されずに存在するのだと、説明されることが多いようです。

例えば、リカオン(イヌ科の哺乳類。頭胴長約 1m ほどで,ハイエナに似る。)はオトナとその子どもからなる2〜20頭の群れをつくっています。彼らは協力して、自分たちより大きな獲物を狩るようです。このリカオンの群れの特徴は、オトナの雄同士の関係は兄弟であり、その中の優位な一頭の雄と他からやってきた雌だけが、交尾をして子どもを残せることのようです。他の繁殖しない雄たちは、その子どもの世話をするヘルパーとなります。なぜみずからは繁殖しないで、兄弟の子どもの世話をする行動が進化したのか。その理由として、次のようなことが考えられているようです。

T群れの雄の中での優劣関係は厳しく、それは特に雌と交尾をするときに顕著になる。通常は、劣位な雄は交尾をすることはできない。もし交尾して子どもが生まれたとしても、その子どもは優位な雄に殺されてしまう。かといって、劣位な雄は単独では狩りが困難である。一方、優位な雄は、狩りにおいて最も危険な役割を担っているから、死亡率も他の雄より高い。優位な雄が死んだ後は、ヘルパーの中の一頭が新たに優位な雄となる。その時には、それまで自分がヘルパーとなって育てていた前の優位雄の子どもも、重要な狩りのメンバーになる。その時のために子どもを手なずけておくことは、ヘルパーにとっても有利になる。

U優位な雄とヘルパーとの関係は兄弟である。一般的に、兄弟間で同じ遺伝子をもっている確率は1/2である。つまり、優位な雄も、他の個体の世話をする性質に関与する遺伝子をもっている確率は1/2である。ヘルパーは、自分の子どもを残さなくても、兄弟の子どもをより多く残せることができるのなら、他個体の子どもの世話をするという、自分と同じ遺伝子を残していくことができるかもしれない。

自分の子どもを産んでも、ほとんど育つ可能性が少ないときには、自分は産まないで兄弟を助け、その子どもを二頭以上残した方が、自分と同じ遺伝子を次世代に伝えられる確率は高くなる。その結果、利他行動に関わる遺伝子も伝えられていくことになるということが一般的な説明のようですが…。

さて、個々の行動のどれが利他行動でどれがそうでないかは、人の判断によって決められているようですが、おそらくリカオンは、「利他行動だ」などと考えずに生きていることでしょうか。

 
List
  この記事は 29176 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_29203
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp