生命原理・自然の摂理
292007 微生物による放射能除染を反エントロピー物理学で見事に説明できる(その2)
 
岸良造 ( 60 香川 技術者 ) 14/07/04 AM01 【印刷用へ
その2

高嶋博士の放射能の除染を実証したデータを見て、何故「正統派」現代物理学派は、そんな事は「有り得ない!」「有り得ない!」と繰り返すのでしょうか?それは、「正統派」現代物理学がエントロピー単調増大法則[註2][註3]という誤れる哲学を信じ、エントロピー減少要因である磁気を見ず、エントロピー増大要因である電気しか見ない為、「正統派」現代物理学派が原子核を弄くり核種を変更しようとすれば必ず熱核反応になってしまう、つまり「原爆」になってしまうからです。その為に「正統派」現代物理学派は福島原発事故の惨状に手も足も出ず、右往左往の状態に陥っています。体系的誤謬の極みに迷い込んだ「正統派」現代物理学を根底から全面廃棄し、新しい反エントロピー物理学を創り出さない限り、「正統派」現代物理学派は未来永劫に福島原発問題の解決策を絶対に見出すことが本来的に出来ない必然的仕組みに成っている事を、我々スミルノフ物理学派と佐野千遥は「正統派」現代物理学の内容に立ち入って検証した結果、皆様に申し上げている点を良く御理解下さい。

先頃お手上げ状態になった東電が海外に向けて福島原発の救援を依頼したが米国がこれを断った。これは「正統派」現代物理学の敗北宣言を意味する。これに対しロシアがトリチウム汚染水の処理の援助提案を行ったが、米国の猛烈な反対に出会ってロシアの援助提案を断ってしまった。申し上げたい点は、ロシアは「正統派」現代物理学を超えたスミルノフ学派シャクパロノフの理学実験から派生した科学技術を持っており、本当にトリチウム汚染水の放射能除染が出来るからそう提案したのであるという点である。

そして「正統派」現代物理学を超えて戦略的中枢である原子炉その物の核燃料ウラン・プルトニウム自体を実際に低温解体消滅できる科学技術を擁している本家本元はスミルノフ学派と私・佐野千遥である。

高嶋康豪博士の複合発酵による放射能除染の実証に合わせて、スミルノフ学派と私・佐野千遥は新しい物理学理論体系からのその万全なる論証をここに提起した。


[註1]:高嶋氏の微生物複合発酵法による放射能除染を「常温核融合」と呼ぶのには 語弊が有る。例えばセシウムが別の元素と核融合して第3の元素と成るとした時、セシウムより原子番号が更に大きくなる結果、原子核内の陽子と対を成さない中性子の数が更に増え、原子核内が不安定な放射性物質となる危険が増大するからである。例えば原子番号55のセシウムに原子番号38のストロンチウムが核融合すれば原子番号92のウランと原子番号94のプルトニウムの間の原子番号93(55 + 38 = 93)のこれまた放射性物質のネプツニウムが出来てしまう。セシウムにカリウムが核融合すれば原爆の起爆剤のポロニウムになるし、セシウムにガリウムが核融合すれば放射性物質のラドンとなり、セシウムにヒ素が核融合すれば強力な放射性物質のラジウムとなる。つまりセシウムと限らず、土壌内の色々な元素同士を核融合すれば例え常温であろうと、至る所新たなる放射性物質が発生する危険が生じる。しかし高嶋博士の今回の実験結果は全般的放射線量の測定も合わせて実施しており、そのデータは微生物複合発酵法適用以前の土壌に比べ適用20日後の土壌の放射能が約七分の一に減じている。よって微生物複合発酵法は原子番号を増やす核融合よりも、原子核の陽子や中性子を剥ぎ取って解体・消滅させる事による原子番号を減らす方向の核種変更除染であると考えるのが順当である。

[註2]:エントロピー単調増大法則とは、平たく言うのなら「エネルギーや質量という物は自然の成すがままに放置すれば粉々になって散り散りばらばらに霧散して行く一方で、エネルギーや質量が集中したり集まって構造を成す事は絶対に無い。言い換えるならば自然の成すがままに放っておくのなら秩序は一方的に壊れていくだけで、秩序が回復したり増大したり高度化するような事は絶対にない。」という意味である。

[註3]:エントロピー単調増大法則が何故誤謬であるかを説明します。エントロピー単調増大法則とは確率論から(物理学的ではなく)数学的に必然的に導出される「法則」です。ところで確率論とは誤謬の数学分野である事が、数学基礎論のゲーデルの不完全性定理[註4]により論証されます。確率論の数学者が正確に論理的に誤謬の確率論からエントロピー単調増大法則を導き出し論証したとしても、確率論自体が誤謬なのだからエントロピー単調増大法則も誤謬となります。

[註4]:ゲーデルの不完全性定理とは「再帰的数え上げ可能性」という基準を持った定理です。何故、他の数学分野が正しいのに、確率論は誤謬の数学分野であるかと言うと、存在しない「連続実数」の基礎の上に作られた数学であるからです。「実数」と書いてあっても、再帰的数え上げ可能でない程、数直線上に接近・混在した「実数」という数は数学者の頭の中に有るだけで実は存在しません。数学と地続きである物理学に於いても20世紀初頭に我々の物理世界は離散値の世界であって連続実数値の世界ではない事が発見されました。つまり時間とか距離とか質量とかエネルギーとか運動量とかには最小単位の粒が有ることがプランク定数やハイゼンベルグの不確定性原理の中に発見されました。

以上
 
List
  この記事は 292006 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_292007
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
現代科学の崩壊と既成理論(=現代科学)に替わる新たな理論の必要性  「地球と気象・地震を考える」 14/08/29 AM00
292395 【福一】瓦礫撤去による2次汚染 小圷敏文 14/07/15 PM00
292390 佐野博士らの放射能除染技術の会見、NHKは「これは放映してはならない」と指示! 村田頼哉 14/07/15 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp