生物学を切開する
29176 生物多様性のなぞ、その実現構造2
 
吉国幹雄 ( 49 鹿児島 講師 ) 02/04/23 AM00 【印刷用へ
4月10日付けの読売新聞で次のような見出しが目につきました。

「生物多様性の謎 相互作用で解明へ」 

四方哲也阪大助教授らの学説が「ジャーナル・オブ・モレキュラー・エボリューション」の第一回最優秀賞に選ばれたそうです。「複数の種が住む環境では、適応能力の高い種だけが生き残るのではなく、どこかで共存関係が成立し、時と場合によっては勝者が入れ替わる」とし、優れた種しか生き残れないとする進化論だけでは説明できなかった、生物多様性の謎解きに繋がる成果として世界に認められたということだが、…

「四方助教授らは、必須アミノ酸の一つを作る酵素の遺伝子について、活性の強さを少しずつ変え、その他の遺伝子は同一の大腸菌を数百種作成。培養槽で増殖度を競争させた。すると、世代交代を重ねるうちにほとんどの種類は滅びたが、最終的に一種だけにはならなかった。培養槽全体の8、9割を占める種が出ても、その他の種も生き残り、共存していた。

同じ条件で培養を繰り返しても、特定の種が最大数に達せず、あるときはメジャーだった種が、別の場合は途中で消滅した。酵素の活性が高いほど、生き残るとも限らなかった。この結果について、研究グループは「生物間の相互作用」が鍵を握ると見る。勝ち残ろうとする種の代謝産物が細胞膜から漏れ、他の種にも行き渡る。すると、環境適応能力を少しずつ拝借して変異を遂げる種が現れ、共存が始まる。逆に代謝産物を取り除いて、相互作用が起こらない条件にすると、適応能力の高い種だけが生き残った。

『他者と影響しあうことで、さまざまな能力を持った個体が現れる。だからこそ、地球上で生物の多様性が成立した。環境と遺伝子によって勝者が決まるわけではないようだ。』」

人工培養での実験は、現実の環境を再現するわけではないので、そのまま全面的に正しいとはいえないと思いますが、確かに種同士(個体同士)の他者との協同作業での適応という指摘は十分にありうる話だと思います。が、果たしてそれで多様な生物の出現を説明しきるかどうか。
 
List
  この記事は 29173 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_29176
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
29387 共に進化 高田敦 02/04/25 PM01
29342 多様な進化のシステム 山本士峰 02/04/24 PM11
29203 利他行動 高田敦 02/04/23 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp