西洋医療と東洋医療
290829 抗生物質の投与による腸内細菌のバランスの崩れが、体全体のバランスを崩す
 
竹村誠一 ( 40代♂ 長野 営業 ) 14/06/01 PM01 【印刷用へ
抗生物質の投与による腸内細菌のバランスの乱れが、腸管以外の全身にも影響を及ぼし、肥満・糖尿病・アトピー・喘息などの疾患につながることに注目が集まっています。

これまでその発生メカニズムについては、ほとんど明らかにされていませんでしたが、最近、筑波大学と科学技術振興機構の研究でそれが明らかになりました。

以下、「腸内細菌のバランスの乱れが、喘息を悪化させるメカニズムを解明―新しい発想のアレルギー治療へ―」(平成26年1月16日)(リンク)からの引用紹介です。

********************
 本研究では、腸内細菌のバランスの乱れが、なぜ喘息などのアレルギーを引き起こすのかという疑問を明らかにするために、まずマウスに5種類の抗生物質をそれぞれ2週間経口で投与しました。そのうえで、アレルゲンであるパパインやダニ抗原の吸入により喘息を発症させ、その病態を観察しました。その結果、ある種の抗生物質を投与したマウスでは、それ以外の抗生物質を投与したマウスや抗生物質を投与しないマウスに比べ、気道内の炎症が有意に強く、喘息症状がより重篤になることを見いだしました(図1)。

 そこで、喘息症状が強く出たマウスとそれ以外のマウスで、腸内細菌の変化の違いを比較しました。その結果、喘息症状が強く出たマウスでは、腸管内で真菌(カビ)の一種であるカンジダが異常に増殖している一方、乳酸菌などの一部の細菌が減少していることを見いだしました。これらの結果より、抗生物質の投与によりいわゆる善玉菌が減少し、その結果増殖した悪玉菌であるカンジダが、喘息が重篤化する原因となっていることが推察されました(図2)。

 次に、腸管内カンジダがどのようなメカニズムで喘息を重篤化させたかについて解析しました。
(中略)

 結果をまとめると、以下のようになります(図5)。
1)ある種の抗生物質の服用により、腸管内でカンジダが増殖する。
2)カンジダからプロスタグランジンE2が産生され、血液を介して肺に到達する。
3)肺内でプロスタグランジンE2がM2型マクロファージを増加させる。
4)増加したM2型マクロファージが喘息などのアレルギー性炎症を悪化させる。

 また、喘息の治療としてカンジダの増殖を阻止する抗真菌剤(5FC)、プロスタグランジンE2の産生阻害剤、あるいはM2型マクロファージの活性化阻害剤(SAP)などを、抗生物質を投与したマウスにそれぞれ投与したところ、いずれにおいても喘息が軽快することが示されました(図6)。

 本研究は、抗生物質の投与による腸内細菌のバランスの乱れがアレルギー性疾患を悪化させたメカニズムを世界で初めて解明したものです。
********************

腸のバランスが崩れれば、体全体のバランスも崩れる。実際、「腸の脳」(261247)という言葉もありますが、私たちはこの重要な機能を果たす腸に対して、あまりにも無防備、無思慮に投薬を続けてきたように思います。

抗生物質と一言で言っても、天然のものから完全に人工的なものまで様々な抗菌剤が存在していますが、天然or人工を問わず、特定の細菌に作用する→腸内のバランスを崩す→体全体のバランスも崩すというメカニズムを理解した上で、投与にあたってはもっと慎重に行うべきでしょう。
 
List
  この記事は 261247 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_290829
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
291150 腸内細菌の変化が体に異常をきたす?!【肥満になる第3の原因】 渡邉光太郎 14/06/10 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp