原始人類の婚姻様式と男女和合充足
2892 均一化していく世界
 
吉岡摩哉 ( 20代 大阪 出版 ) 01/04/07 AM01 【印刷用へ
> あるテレビ番組で見たのだが、日本語には女性の性器の呼び方にはいろいろなものがあり、一つに特定されていないのだそうだ。そしてその種類は世界の言語の中から見ても一番多いのだそうです。 (2753 「ホンネ」と「タテマエ」 佐藤ともひろ さん)


投稿の趣旨とは全然違うのですが、このお話は極めておもしろいことだと思いました。

少し前に、イヌイットは何千種類もの雪を識別するために「白色」の認識力が優れているという話がありました。それは、それぞれの外圧(自然状況)に応じて得たモノだとも言えますし、得なければ生きていけない状況であったとも言うことができます。つまりは、雪(白色)と言うモノがどれだけ日常生活に関わっていたかを伺い知ることができるのです。(その前提条件として、私たちは圧力さえ働けばそれくらいの力を発揮できる=物事を対象化できる、認識できる、ということも言えるのでしょう)

雪への認識力は、そのまま言語化されます。つまり、「白色の名前」という形に反映されます。従ってここで考えられるのは、日常に関わりの深いモノほど認識能力が上がり、対象化しやすくなり、その現れは言語として表面化される(言語が豊富となる)のではないかということです。

このような切り口で考えると、その外圧(自然状況)や共認の差異≒地域差こそ「文化」であると捉えることができるでしょう。佐藤さんの上記の意見はその例に当てはまるのではないでしょうか。つまり、女性器の呼び方が多いとは、誤魔化しのためだけではなく、その呼び方の数にふさわしいくらいに女性器が「対象化」されていた=日常化していた「文化」を現していると考えることができるのです。(今の私たちには想像もできませんが)

文献でも、日本がそのような性的に開放された土壌であるということを裏付ける事象がいくつも記されています。ここの掲示板でも見られるように、「夜這いの風習」などがその良い例ではないでしょうか。

では、性はいつから現在に見られるような「秘め事」になってしまったのでしょうか。しかもそれは、隠され、表に出さないことが「良いこと」という価値判断付きになっています。その原因分析は今回は割愛しますが、そのような隠された性は、まさに現代社会に様々な影を落としていると考えられます。

隠され、限定され、規制された性は、幻想的なものに仕立て上げられ、現実との落差を大きくします。その結果がセクハラ・セックスレス・レイプ・イけない女が増えた・性のバーチャル化などの原因と考えることもできるのです。

それを一つの進化(当然の結果)と見るか、過程と見るか、その解釈は様々ではあります。しかしながら、明らかに私たちの「性機能」が低下していることは事実としてあげてもよいのではないでしょうか。少なくとも私たちはその呼び方に相応する認識力はないのですから。


たくさんの名前(呼び方)を持つ。表現が豊富。言語が豊富。
個人的に、それはとても素敵なことだと思うのです。
それは文化であり、伝統であり、知恵であり、生きた力です。
それを失って私たちはどこにいくのでしょう。

個性が声高に叫ばれる中、世界は均一になっていく
しかもお互いの能力を削り合って

私はそんな気がしてなりません。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2892
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp