否定脳(旧観念)からの脱却
2891 自我とは?(フロイトとラカン)
 
西谷文宏 ( 24 和歌山 建築設計 ) 01/04/07 AM00 【印刷用へ
 実現論に書かれた「自我」は一般的に言われる「自我」とは少し違う。
 辞書を繙くと、こう書いてある。
じが 【自我】 〔英 self; (ラテン) ego〕
(1)〔哲〕 自分。自己。意識や行為をつかさどる主体としての私。対象 (非我)・他者(他我)から区別されるが、他我もまた一個の自我であ  る。人格や作用の中枢として、認識の根拠・道徳的行為や良心の座と  なる。⇔非我

(2)〔心〕
(ア)自分自身に関する主体としての意識の総体。自我意識。
(イ)精神分析で、イド・超自我とともに人格を構成する心的領域。イド  と外界の現実や超自我との間で現実原則に従って調整をはかるもの。エゴ。
【 大辞林第二版 】

 上の「自我」の定義だが、これはフロイトによって定義されたものであり、通常自我というと、この「フロイト自我」を指す。 ところが、この定義が極めて怪しい。
 「自分自身に関する主体としての意識の総体」こんなものが本当に存在するのだろうか?
 フロイトの弟子、ジャック・ラカンが彼の著「エクリ」の中で次のように述べている

自我とは主体の自律的、統合的機能ではなく、そのような機能についての妄想でしかない。 一連の自己愛的な(他者との)同一化の結果にすぎない自我は、想像でつくりあげた、自己を理想化する、主体の自己疎外の鏡像的構造である。」

 意識は固有不変の統合された何かではなく、時と場所によって変わるものであり、もし自分で自律的、統合的な「自我」というものを感じているのだとしても、それは妄想であるというのがラカンによる自我である。

 すなわち、自己認識のための意識の統合体としての「自我」(フロイト自我)など存在し得ないということである。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2891
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
91363 自我と共認の関係 廣重圭一 05/05/24 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp