サル社会を解明しよう
28857 現存する原猿類の多様性について
 
田中素 HP ( 36 長崎 企画 ) 02/04/17 PM11 【印刷用へ
> 原猿の進化の過程を現在生存する種について見てみたいと思います。

現在、原猿は東南アジア、インド、アフリカの熱帯地域、そしてアフリカ東南部のマダガスカル島に生息しています。中でもマダガスカルには約30種類の原猿が生息し、いまだに新種が発見されているそうです。これは全霊長類約180種の2割近くに相当します(余談ですが、数百年前のマダガスカルには体重約390sという、ゴリラより大きな“原猿”が生息していたそうです)。

マダガスカルにこれだけの原猿がいる理由の一つは、この島が約6500万年前にアフリカから分かれて離島となったことのようです。大陸の霊長類はやがて真猿へと進化しましたが、マダガスカルではこれが起こらず、原始の姿を保ったまま独自の進化を遂げることができたのです。

もう一つの理由は、この島の環境の多様性です。日本の約1.6倍の面積の中には、熱帯雨林、乾燥した高地、半砂漠など日本より遥かに多様な気候が存在し、それぞれの環境に適応して進化した結果が現在の種類の多さだと考えられています。

したがって、「原猿」と一言でいっても、始祖の原型を留めているネズミキツネザル(ネズミレムール)から、ニホンザルに近い母系集団を形成するワオレムールまで、マダガスカルに生息するものだけでも、その姿形、生態は様々です。

ネズミレムール:体長約12.5cm 体重50〜90g
リンク
ワオレムール:体長約42.5cm 体重3〜3.5s
リンク

ワオキツネザルは昼光性ですが、目には「タペータム」と呼ばれる夜行性動物特有の反射性の膜を残しています。また、マダガスカル以外の原猿類は全て夜行性であることから、彼らが夜行性→昼光性へ進化したのは間違いなさそうです。

外敵圧力の小さい隔絶された離島だったからこそ、ワオレムールは昼の世界に進出し、写真にあるように地上にも進出できたと考えられます。メス優位という霊長類では珍しい生態(これは原猿でも一般的ではないようです)もこのためと思われます。真猿をはじめ多くの昼光性哺乳類が現れた大陸では、原猿は夜行性のニッチに身を留めるしかなかったのでしょう。

逆にいえば、かつての原猿から真猿への進化も一足飛びではないでしょうから、マダガスカルをはじめとする多様な原猿たちの生態を見ていくことで、当時の共認回路の形成過程をある程度たどることができるかも知れません。

参考:小田亮著「サルのことば」京大学術出版会、
    杉山幸丸編「サルの百科」データハウス
 
List
  この記事は 28716 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_28857
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
29370 マダガスカル島にも「真猿」がいる!? 松尾茂実 02/04/25 AM02
29369 真猿?原猿? 松尾茂実 02/04/25 AM02
29092 闘争の結果としての『棲み分け』 1 本田真吾 02/04/21 AM00
28941 原猿の棲み分け 佐藤祥司 02/04/19 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp