健康と食と医
288271 生姜チューブの成分は?
 
匿名希望 ( 40代 会社員 ) 14/03/12 PM11 【印刷用へ
ここ2年位毎朝“生姜紅茶”を飲んでいましたよ。
他聞に漏れず、私も。
『生おろし生姜』とか言うチューブに入った生姜をマグカップに入れて・・・

その生姜が、こんな加工品だなんて、ショック!


以下、リンク より転載します。
------------------------------------------------------------
生姜チューブの成分は ?

生姜が体に良いというので
私も以前生姜チューブを活用していました。

だって便利ですものね、お手軽で。

が。

成分を見たら。

「ええっ? こんなものがはいっているの?」

と驚きました。

生姜チューブでジンジャラー。
そういう方多いかもしれませんね。

よく言われることですが
インターネット上の情報というのは玉石混淆です。

すぐれたものもあればそうでないものも入りまじっています。

ちなみに。
玉石混合 はまちがいだそうですよ^^;

メーカーさんには何の恨みもありませんが、
手元にある生姜チューブの成分を書いていきますね。

●生姜
●馬鈴薯でんぷん
●醸造酢
●発酵調味料
●環状オリゴ糖
●酒精
●酸化防止剤
●増粘剤(キサンタン)
●香料
●調味料

そして「無着色」とあります。
さらに「良選しょうが使用」と。

生姜チューブです、なんの変哲もない。
その生姜チューブに
これだけ わけのわからない ! 添加物がはいっている。

ビックリ ! の事実ではないですか。

増粘剤とは増粘安定剤のことです、バクッというと糊のようなものです。

環状オリゴ糖は甘味料としてではなく、
品質の安定化や品質改善などの目的で利用されるオリゴ糖です。

環状オリゴ糖は、
ねりわさびや生姜チューブなどの分解しやすい成分の安定化に利用されています。

香料も酸化防止剤も含まれていますね。

つまり、裏を返せば

香料をプラスしなければ生姜の風味が薄い、
そして酸化防止剤をいれなければ酸化しやすい、
複数の安定剤をいれなければ成分が安定しない、

生姜チューブとはそういう「生姜製品」だということです。

そもそもなぜ生姜を使うのか、といえば
そのすぐれた薬効を上手に活用したいから、ですね。

しかも、生姜は毎日摂取して
はじめて、その作用が期待できるものです。

さらに根本のところで、
生姜チューブに使われているとされる良選しょうがってどんな生姜でしょう。

国産生姜を使っています、ではないわけです、
この表示は。

スーパーで生姜を買えば、
だいたいの値段はわかります。

ごく普通の国産生姜でも
生姜チューブ分の生姜を購入すれば
そこそこの金額になるはずです。

生姜ってけっこうお高いですもの、大きさの割に。

それに生姜の成分を活用したいだけなのに

●お酢

●食塩

さらに
●調味料

もはいっています。

その他の安定剤も複数。

そして開封後は必ず冷蔵庫に保存してください、とあります。

生姜はそもそもが暑い国が産地の食べ物なので
適温で保存しないと 成分は死んでしまうとされています。

あまり知られていないことですが
冷蔵保存は、基本的にはNG ! なんです。

つまり「生」をうたっていても、
厳密には「生」ではない、
加工生姜だということがわかります。

メーカーさん、ごめんなさい。

でも、これが大手食品メーカーさんの作る
一般的な「生しょうが」チューブ類の実態です。

生姜はいくら摂取しても害にはなりません、
とたいていのサイトに書いてあります。

しかし「加工食品である」生姜チューブを
いくら摂取しても害はないのでしょうか。

それを毎日継続することの害は ?

そこまで考えなければいけないほど
今の日本の「食」の基準はアバウトだということなのかもしれません。

インターネットで検索しました。
生姜チューブで生姜紅茶を飲む人がたくさんいました。

体が温まって、ポカポカになるというので私も試しています。

的なブログはたくさんあります。

それで本当に健康になれているのならいいのですが、
例えば、冷え症だったり、冷え体質だったり、
実際アレルギーなどの深刻なトラブルを抱えている方だったら、

毎日添加物たっぷりの加工食品「生姜チューブ」を
ずうっと継続して摂取したら
どんな弊害が出るのでしょう。

今は平気でも あとで何かトラブルはでないでしょうか。

健康情報というのは命に関わる問題です。

インターネットの情報だけを鵜呑みにするのではなく、
きちんと検証して、
自分の体質にあった健康法なのかどうかを
確かめていかなくちゃ、と自戒の意味を込めて
きょうの記事を書かせていただきました。

たかが食べ物。
されど食べ物、です。

食べたものが私たちの体を作り、
生活の質を作り、

幸せの質を作ってくれているのですもの、ね。

いろいろな考え方がありますから
もちろん私の考えが絶対 ! なんてことはありません。

あくまでも、私は、ですが、
時間のない時に時々生姜チューブを活用する程度にして
健康を考えての生姜チューブでの生姜継続摂取は
極力 しない方がいいんじゃないかなと思っています。

生姜君にはこれからも長くお付き合いしていただくわけですから、
より安心できる活用の仕方
考えていかれれば、

きっと生姜君も喜んでくれると思います^^;
 
List
  この記事は 288023 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_288271
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
288474 冷え症に生ショウガは逆効果? お薦めなのは○○ショウガ りんいちろう 14/03/19 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp