健康と食と医
286178 人は食べなくても生きられる(1)
 
松下晃典 ( 34 広島 kozo大工 ) 14/01/14 PM00 【印刷用へ
人は食べなくても生きられる

何も食べないで生きている人は世界でも10人ほど確認されているそうです。
日本でも青汁だけで生きている人が20人ほどいます。

彼らはなんで生きているのでしょうか?

答えは太陽の光にあるようです。
なんとなく、お日様の下で活動すると、エネルギーに満ちあふれてくるのはこのためかもしれません。

食べない生き方 人は食べなくても生きられる(リンク)より引用

============以下引用============

地球上に存在する生物は、大きく二種類に分ける事ができます。
それは、独立栄養生物と従属栄養生物です。
 植物は独立栄養生物に属し、動物は従属栄養生物に属します。
ところが、地球上には独立栄養生物に属する人間が存在するのです。
 何も食べないで生きている人は、現在でも世界で10人ほど確認されています。
 彼らは、空気と水と太陽の光だけで生きているのです。

 不食に至るまでの過程として、ヴェジタリアン⇒フルータリアン⇒リキッダリアン⇒ブレサリアンという段階があります。

 不食になるためにはまず、動物性食品の摂取を止めて菜食主義者になる事から始まります。そして、食べる量を少しずつ減らしながら、やがては菜食すらも止めるという形で行われます。
しかし、不食によって体が痩せ衰えていく事はありません。
 腸の状態が健全になると、吸収が良くなって、ほとんど食べなくても痩せないそうです。
 体調も良くなって、疲れにくくなりますし、病気にもなりません。
 不食になると食べ物を消化するエネルギーを使わなくなるので、睡眠時間も短くて済みます。

 現在、日本には青汁だけで生活している人が20人ほどいるそうです。
 以前、『歴史ミステリー』という番組で、明治時代の不食者を取り上げていました。
その不食者は、長南年恵さんという女性で、20歳の頃から全く食事を摂らず、24年間、口にするものは生水程度であったと言われています。

 人間の基礎代謝は1300kcalです。
そのうち脳が使うのが500kcalであり、意識不明でも500kcalは必要なので、一日の総摂取カロリーが500kcal以下の人を仙人と呼びます。

 長期間、不食を継続すると呼吸が一分間に二回と深くなります。
 呼吸が二分間に三回より深くなると完全な瞑想状態になります。
 血中酸素濃度は低くなり、心拍数、脈拍数も遅くなります。
 脳波もミッドアルファ波や覚醒シータ波にまで下がります。

 地球上に存在するあらゆる生物の生命維持エネルギーの源は太陽光線です。
 植物は光合成によって太陽光線をエネルギーに変換して体内に蓄積しています。
 動物は、植物を食べる事によって太陽エネルギーを間接的に体内に取り入れています。
 直接、間接を別にすれば、生物は葉緑素の働きを通じて、生命を維持している訳です。

しかし、植物という媒体を通さずに、太陽光線のエネルギーを直接吸収する事もできます。
 日の出間際と日没間際の太陽を一時間凝視する習慣をつけると食欲が湧かなくなるのです。

 太陽凝視以外の方法として考えられるのが、ブルー・ソーラー・ウォーターです。ブルー・ソーラー・ウォーターを飲むと、お腹が空かなくなり、全く疲れなくなります。ブルー・ソーラー・ウォーターの作り方は、水道水かミネラルウォーターを青色の硝子瓶に入れ、プラスチック栓かサランラップか青色のセロファンで蓋をし、太陽光に一時間当てるだけです。ブルー・ソーラー・ウォーターは、ペット・ボトルに移して冷蔵庫に保管する事もできます。 不思議な事に、水が甘くて美味しくなります。蓋は必ず非金属でなければなりません。

 活動エネルギーを生み出すには、電子伝達系という回路で、一個の陽子と一個の電子で成り立っている安定した分子構造の水素を栄養素から引き離し、ミトコンドリアの膜の内側と外側に電位差を作らなければなりません。
 実は、この水素分子を引き離す仕事を太陽光線が行っているのです。
 栄養素を口から摂取するだけでは、充分なエネルギーを生み出す事ができません。
 太陽の光を浴びると、体が温まり心地よく感じられるのは、ミトコンドリアが刺激され、活性化するからです。
ミトコンドリアを中心として栄養学を捉え直した場合、食べ物だけではなく、太陽光線も栄養の一部なのだと言えるのです。

 主なエネルギー源は糖質ですが、糖質は解糖系で分解されるとピルビン酸と乳酸になります。
この際に生み出される活動エネルギーはわずかなので、ピルビン酸はミトコンドリアに運ばれ、電磁波や放射線のエネルギーも加味されながら、最終的に大量の活動エネルギーが作られます。
 食べ物以外の要素がいくつも加わり、最後は燃焼とは別の形で活動エネルギーが得られます。
カロリー計算で成り立っている現代栄養学との間に大きな食い違いが生じるのも当然です。

(つづく)

============引用終了============
 
List
  この記事は 259355 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_286178
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
299490 【少食のしくみ】栄養素を豊富に含む食材であれば、少量でも満足できる 斎藤幸雄 14/12/23 PM09
294203 「食べない人たち」 −進化とともに、本来人間はプラーナだけで生きられる− ぴぴ 14/08/21 AM00
286350 【不食】1日青汁1杯だけの食事で元気に13年間生活している人の体の仕組みはどうなっているのか? りんいちろう 14/01/19 AM02
286179 人は食べなくても生きられる(2) 松下晃典 14/01/14 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp