マスコミに支配される社会
285331 アメリカ新聞業界の危機 〜発行部数、広告費の推移〜
 
匿名希望 13/12/21 PM07 【印刷用へ
日本だけでなく、先進国における新聞業界の構造としては、'00年代後半からすでに綻びが生じているようだ。

『シンプル・ミーディア』より引用リンク
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
欧米や日本など先進諸国においてこれまでジャーナリズムを担ってきた新聞業界は、2007年秋に発生したサブプライム・ローンに端を発した経済危機によるメディア業界の不況、インターネットの普及による読者の生活スタイルの変化、「新聞離れ」などにより、その規模を縮小し始めている。

その結果、特にアメリカでは新聞産業の保護やジャーナリズムの質の維持のための様々な議論や試みがなされている。

アメリカが直面している新聞およびジャーナリズムの危機と、その状況を背景に広がりつつある既存メディア以外のオルターナティヴなメディアが出現している現状について整理したい。

【危機に陥るアメリカ新聞業界】
2009年11月、「END OF AN ERA」という言葉を紙面に掲げて、アメリカの老舗地方紙が大晦日に廃刊することを発表した。

米アリゾナ州の地方紙「イースト・バレー・トリビューン(East Valley Tribune)」は1891年創刊した老舗紙であったが、廃刊に伴って従業員140人はレイオフされるということが決定していた。

アメリカでの新聞産業の現状を俯瞰するために、アメリカ新聞協会(Newspaper Association of America、略称NAA)のサイトに載っている統計資料を見てみる。

それによると、2008年時点で、有料日刊紙の数は1,408紙、総発行部数は4,859万部(朝刊872紙で4,275万部、夕刊546紙で584万部)が1年に発行されているという。

また、これに加えて日曜のみ発行される新聞もあり、これは902紙で約4,900万部が発行されている。

新聞の有料日刊紙の総数自体は約1800部から約1400部へと大きくは減っていない一方で、総発行部数は1980年代をピークに下がり続け、特に2000年前後を境に夕刊紙だけでなくそれまで堅調だった朝刊紙も減り始め、2006年と2008年を契機として減少のスピードを早めているのがわかる。

ここに示される総発行部数の推移のみを見れば、「危機」という言葉は大袈裟に感じるかもしれないが、アメリカの新聞社のビジネス・モデルは購読収入よりも広告収入に大きく依存しており、新聞社の総売り上げのうち広告収入の割合は85%以上となっているため、次に示す広告費の推移が重要になる。

【リーマン・ショック後の広告不況の大きな傷跡】
1990年からのプリント(紙媒体)広告費収入、2003年からのオンライン広告費収入とそれぞれの伸び率によると、2005年前後はプリント広告費の成長はほぼ横ばい、オンライン広告の堅調な伸びという傾向が見えるが、プリント広告は2006年にマイナス成長になり2008年にはマイナス17.7%というかつてない減少率を記録している(売上は約347億ドル)。

元データでは、プリント広告を「小売(Retail)」と「クラシファイド(Classified) 」に分けているが、このクラシファイド広告が2008年に約30%の減少を見せており、プリント広告の減少に大きく影響している。

オンライン広告に関しても、2006年までの3年間は30%前後の伸びを続けていたが、2007年に18.8%に鈍化させ、2008年にはマイナス1.8%に落ちた(売上は約31億ドル)。

このように発行紙および部数から見ると、紙メディアとしての新聞業界は、すでに長期的にゆるやかな減少カーブを描いていることがわかる。

広告費に関しては高水準で推移してきてはいるが、すでに2006年から成長率を鈍化させており、2008年秋には急激な減少カーブを描くきっかけとなったメディア業界の広告不況に襲われる。藤田博司は2006年の論文*6 でこの年を「発行部数の激減、取材要因や編集経費の削減、投資家による新聞経営への容喙」などを背景として「米国のメディアを取り巻く状況が一段と流動的な様相を強めつつある」とし、ニュースの伝達が紙からウェブに移行する現状にありながら新しいビジネス・モデルを描けないでいるアメリカ新聞業界の模索を書いている。

新聞業界の構造としては、この年からすでに綻びが生じていたと考えることもできる。

なお、前出のアメリカ新聞協会の資料から、2008年のオンライン収入は31億900万ドルであり、一方のプリント広告は347億4,000万ドルと、オンライン広告がいまだにプリント広告の10分の1程度の規模でしかなく、いまだ新聞社の広告費の収益構造にとってはプリント広告が大部分を占めることを指摘しておく。

【出口が見えない広告費の不調】
アメリカ新聞協会が2009年11月に発表した最新の第3四半期広告売上によると、プリント、オンラインを合わせた総広告収入は前期比でマイナス27.9%(売上は約64億ドル)と、13四半期連続してマイナス成長となり、新聞社のプリント、オンライン広告費がいまだ出口の見えないトンネルの中にいることが伺える。(引用終わり)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 
List
  この記事は 283581 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_285331
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp