日本人と縄文体質
283265 「入婿」は日本特有の母系文化だった!!
 
猪飼野 ( 50歳代 東京 営業 ) 13/11/11 AM00 【印刷用へ
日本は母系文化社会だった。

そして、明治時代まで庶民は(武士社会は除く)母系文化の中にいた。

だから、江戸時代まで日本では地域特性や生産様式によって、多彩な婚姻様式を持っていた。

その一つが、「入婿」の婚姻制度である。

他の血が混ざる「入婿」など許されない儒教文化や、家族構成は神が創るものなので「入婿」など許されないキリスト文化。
それに比べて、生産手段を持った共同体が機能しやすいように、多彩に婚姻形態を適応させていた日本。

ウキペディア「入婿」の内容が面白いので紹介します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『入婿』(ウキペディアより)リンク

入婿(入り婿、いりむこ)は、男性が配偶者側の家名あるいは家督を継承すること、またその男性。婿養子とも言うが、そちらでは明治時代に制定された民法における旧規定を説明し、本記事ではそれ以前の歴史的な事柄を対象とする。

主に日本における風習であり、本来何の関係も持たない男性(傍系血族の場合もある)が、名実ともに配偶者である女性の実家の一族に組み込まれるという風習は、他国ではあまりない。

・・・・・・・・・・・・・・・・

養子という義理の関係が実子と同等に見なされるのは中華文明圏の風習で、ヨーロッパなどにはない
(キリスト教では神以外の者が親子関係を勝手に作るのは冒涜と考えられた。キリスト教化以前の古代ローマではそうした形の養子が行われている)。

一方、中華文明圏では宗族の概念が強く、他姓の者を養子にすることは少ない。

母系制社会であったとされる日本など、少数の民族のみが持つ風習である。

・・・・・・・・・・・・・・・・

◆家制度、家督の概念ができると、養子の一形態として行われるようになった。
戦国時代には立花宗茂や小早川隆景など多くの例があり、江戸時代においては武家のみならず商家、農家においても一般的に行われた。

・・・・・・・・・・・・・・・・

■入婿の事例と背景
ごく最近まで入婿が頻繁に行われていたのは、三重県沿岸地帯の海女集落や、岐阜県白川郷の養蚕家、江戸時代の大坂の商業街船場に住む大商人たちであったとされている。

特に商家の入婿は近世文学の世界ではかなり頻繁に登場する存在で、上方で発展した人形浄瑠璃や和事を中心とした歌舞伎にその生活が描かれている。
彼らの家に男子が出生しなかった場合(あるいは後継者として不適格な男子であった場合)、当主は多くの使用人のうちから人格、素行、能力などの優れた若者を選んで娘との縁談を持ちかけ、2人の承諾を得たら長女の配偶者として自分の一族に彼を迎え入れ、優秀な後継者を得ていた。

また、男子のいない家の場合は長女が選んだ男性をそのまま入婿として迎えることもあった(そのような場合、保険として次女以下に優秀な男性を配偶者として迎え、支店を任せた例も散見される)。
当主が次々と他家から入ってくるため、大阪の旧家には「女紋」といって女系で継承する家紋を持つ家もある。
・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・

海女集落や養蚕集落の場合、一家の主な働き手は女性であり、娘を嫁に出すと貴重な働き手が引き抜かれてしまうため、慣習的な入婿制度が必要とされたと思われる。
・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・

一般的に行われていた時代、入婿は人格・能力ともに優れた男性、または魅力ある男性というイメージが強く、格下の出身から豊かな家を継ぐため「男の夢」と見られていたが、「米糠(こぬか)3合あれば養子に行くな」という格言があるように、養家では肩身のせまい存在になることも多かった。これは、女性の嫁入りが「女の夢」とされたものの、嫁ぎ先で立場が弱くなることも多かった事実と類似している。

一方で、岩手県、宮城県、秋田県など東北地方を中心に、男女の別を問わずに第一子が家産を相続する慣行が見られたことが、中川善之助により紹介されている。この場合、第一子が女子で弟が後で産まれても、長子である女子が家督を相続し(姉家督)、迎えた入婿が戸籍上の戸主となった。弟は分家を新たに立てるか、他家へ養子にいくこととなる。明治時代中期までは多くの事例が確認できたが、以後は姿を消した。
・・・・・・・・・・・・・以降 省略・・・・・・・・・・・
<以上 引用>
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_283265
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
289677 明治時代の「家制度」と「入婿」 田村正道 14/04/27 AM00
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜 「共同体社会と人類婚姻史」 13/11/30 AM02
【東南アジアにおける、南方モンゴロイド的社会とその可能性を探る】3欧州列強の侵略 何が変り、何が残ったのか 「共同体社会と人類婚姻史」 13/11/17 AM01
東南アジアの「融合・アメーバー文化」は、南方モンゴロイドの特性から来ている 「共同体社会と人類婚姻史」 13/11/13 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp