恋愛って、何?結婚って、何?
280591 良薬口に苦し、老いる母に介護要らず
 
Silentservice ( 43 東京 会社員 ) 13/09/06 PM03 【印刷用へ
齢70代を迎えるMy Mother…。

実は、私は今年3月にWAIS-V検査を受けて、昨日ADHDという判定が出た
んですけど、この経緯で治療方針として一般就労を原則回避の身の上
なんです。(ちなみに投薬は最小限の方針です。とても良心的な
クリニックなんですよ?)

なので現在、私は無職無収入ですが、家事にも一切ノー・タッチです。

若干「こんな事でいいのダロウカ…?(^^;」という罪悪感も
ありますが、私がこういう仙人のような生活を送ることで、
家庭環境が見違えるほど改善されてきました。

まず、母子間でのクダラナイ諍い合いが根絶されました。
今までは、「自分が必死で働いて稼がないと、この家は保た(もた)
ない!」という義務感や危機感があって、よく仕事を終えて帰宅
すると、寝転んでTVのドラマばかり観ている母を罵っていたものです。

「俺がこんなにガンバッテいるのに、その態度は何だよ?!」と。

やる事なす事、私をイライラさせていましたが、それ、私の脳神経
に問題があっただけだったんですね?過敏神経症も、ここの
メカニズム(★注:仮説なうえに、諸説があるんですけど?)
が理解できると、多量の投薬だけが治療ではないように思えます。


ところで、私のこの検査と判定を受けて…?
母は、家計の見直しを真剣に検討し始めました。
それと、介護のこずかい稼ぎと温熱療法のこずかい稼ぎに
精を出すようになりました。自転車で数十分かかるクライアント
さんの所に、「暑い、暑い…!」と言いながら出かけていきます。
(貧乏化しているので交通費がない!)

食事も、まず外食はしなくなりました。
おかげで、何を原材料に使用シテイルか解らない不気味な
食い物を口にせずに済むようになってきました。

食い物なんですけど、団地のバアちゃんが、作った天麩羅を
「今回すごく上手にできた…」と自慢気に持ってきてくれたり、
近所のスーパーで買ってきた三つ葉をくれたり(なぜだ…?!)
母がクライアントさんからお菓子もらっきたりして、あんまり
おカネがかかりません。

母が、「息子がハッタツショウガイで…。(^^;」と世間話
をして苦笑したら、途端に団地の同じ階のおばちゃん達や婆ちゃんが、
ニコニコと笑顔で接してくれるようになりますた。(わ〜いっ♪)

母は仕事で疲れて面倒くさい時など、何もしませんが、そもそも
私が冷蔵庫の冷や飯とウメボシで大満足してしまうので、
彼女も「こりゃァ楽ちんだ!(*^^*)」と超大喜びです。

衣類も、バザーとかで300円のTシャツ買ってきたりしてます。
目ざといっつ〜か、新品の掘り出しモンを発掘してくるですよ。

こうやって母の生態を俯瞰してみると、「なんか…?自分の価値
判断で相手をキメツケルのくだらなくね?」という心境になって
きて、ビンボウ化して「ギラギラ活力」が互いに減衰しきって
いるせいか、お互いに、「ま…こんなもんダロ?」で諦めてし
まうんで、口論が発生しません。

母もブツブツ言いながらも、微笑みながらせっせと色々な事
(課題)に取り組んでいる様子です。

本源化が急速進行中してますな〜?(笑)

同年代で比較しても、贅沢三昧の方々とうちのMotherでは、
元気が全然違うのが、見て解ります。
「人の役に立ってる」という自覚って、凄い活力になるっていう
のを、ここまでRealtimeに実感できる境遇になるとは思って
なかったっス。

私もこの半年で、人生観がすっかり変容してしまいました。(^^;
いちばん驚愕を禁じ得ないことは、「なんでこれで生活成り立って
んだ?」です。何とかなるモンっすな?

あらためて「私権ってくだらない、意味も価値も無いよねつくづく?」
という感慨が深まるアルよ!

これを「ビンボウ」と称して忌避・侮蔑をするか?
「生来の活力の正しい姿」と捉えるべきか?

この辺りに、「次代の鍵」がありそうです…。
また、自分の精神障害にも感謝ができてます。

この判定無くして、今のこの我が家の恒久的平和の実現は
無かったです。

そこで今、気付いたんですけど、介護職って、介護されないと
「どんな事をされると嬉しいノカ?」が解らないのかもしれない
です。介護される側も「自分は何に困っているのか?」を明確に
伝えないと、本当の意味でのHELPの恩恵を理解できないのかも
しれません…。

とにかく、「金銭面で補償さえすれば万事OK!」では足りない。
不完全というか、情けに欠けるというか…そんな気も実感できる
今日この頃ですY(ワイ)!
 
List
  この記事は 280538 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_280591
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp