原始共同体社会
279647 文字を持たない社会が示す”伝承”の本質とは
 
田野健 HP ( 52 兵庫 設計業 ) 13/07/29 AM02 【印刷用へ
無文字文化とは民俗学の世界でよく言われるが、その本質がよくわからなかった。今、ケルトと縄文というテーマでさまざまな事を調べている中でこの無文字文化に該当する考え方があった。

ケルトも日本(縄文)も同様に文字を持たない文化であり、かなり高度な文明を育んでいる。そして共通項がたくさんあり、共に豊かな森林の文化であり、その中で長くアニミズムを基にした自然崇拝をもっている。共に中央(いわゆる文明地域)から見れば辺境に位置しており、長く中央の影響を受けずに独自の文化を育てていった。
そして共に文字を入れた後も言霊信仰が残った。文字や言葉を発する事でそれが現実になる。悪い言葉ならそれに縛られて悪い事が現実になる。、だから言葉を選び、簡単には言葉や文字として固定しない。

ケルトも縄文も、アイヌも文字を持たない社会では豊かな口承文化が存在した。長い説話、様々な物語で何世代にも渡り認識が伝えられた。
彼らは文字を持つ事ができたにも関わらず、文字を敢えて持たなかったと言われている。その理由はこうではないか?

人類社会は常に後世に必要な事を伝えていく。これは文字社会も無文字社会も同様である。
さらに伝える中身には2種類ある。記録や数字といった固定的なもの。もう一つは対象の捉まえかたや同化の方法。それは物事の捉え方だったり、心の有り様である。人間と自然との関係や、自然(精霊)を捉える時に必要な精神状態などを指している。

文字は前者を伝える事ができるが、後者を伝えるには不十分である。文字は枝葉は正確に伝えるが、全体としてこうである、こう見るべきという認識を伝えるには適していない。なぜならば文字は固定的、限定的で極論すれば法律のようなものだからである。

口承の物語、音楽、絵画、造形物、それら全て、伝える目的は対象世界の捉え方であり、固定的ではなく総合的な認識力を持って受け入れる種類の認識群である。いわば言葉では表現できない内容なのだ。
しかし、それが最も大事であり、何らかの方法で必ず伝えていかなくてはいけない事だった。
物語や音楽や芸術を通じて何を受け取るか、受け取る側が想像力を働かせて入れていく能動性があって初めて成立するのが古来の伝承文化なのだろう。それが現代の一方的な”伝達”とは異なる、相互交信のある”伝承”の中身だと思う。文字を持ってしまうことでそれらの能力が錆び付いていく。無文字文化の集団はそういう危機感をもっていたのではないか。

これは何も古来だけの話ではない。私達も特に文字社会に慣れ親しみ、全てを文字化できると思わされているが、本当に必要な事は文字以外で伝え
て捉えていく必要がある。対面で語りかける言葉であり、それを受け取る中で発生する創造性である。
 
List
  この記事は 275855 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_279647
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
285896 『声』」は人を繋ぎ、『文字』は人を孤独にする 匿名希望 14/01/06 PM07
「個のない民、ケルトから学ぶ」3.”察する”〜声なき声を聴く〜 「縄文と古代文明を探求しよう!」 13/08/17 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp