恋愛って、何?結婚って、何?
273367 世帯当り、パンの購入金額が初めて米を上回る〜総務省家計調査他より
 
ムカシ若者 ( 海の彼方 ) 13/02/28 AM10 【印刷用へ
少し古い記事(2012.08.17)ですが紹介します。とっくに、お米≪パンだと思ってましたが逆転したのはつい最近だったのです。またお米を買わない理由の一つに、「コンビニ弁当」や「おにぎり」の購入が増えているとのこと、
遺伝子組み換え原料で製造されたパンや防腐剤など添加物満載のコンビニ食品のこと、もっと皆に知ってもらって健全な食生活に戻って欲しいものです。

以下、全国農業新聞リンクから引用です。

=================================
◇パンの購入金額初めて米を上回る 総務省家計調査・JC総研の「米の消費行動に関する調査」◇

「あなたは、今日の朝食に何を食べただろうか」。総務省がこのほど発表した家計調査で、昨年1年間の1世帯当たりパンの購入金額が、米を買った金額を初めて上回ったことがわかった。少子・高齢社会、長びく不況、食生活の多様化など、さまざまな要因が考えられる。総務省家計調査とJC総研の「米の消費行動に関する調査」から探ってみる。

 2011年度の家計調査で1人暮らしを除く世帯(農林漁家世帯を除く)が米を買うために支払った金額は、1世帯当たり2万7777円。前年に比べて1220円減少した。一方、パンを購入した額は前年より69円増えて2万8371円。1世帯当たりの米の購入額は、1963年以降、一貫してパンの購入額より高い状況が続いていたが、ここ数年は米の購入額の減少が続き、昨年、初めてパンの購入額に逆転された。

 背景には、食生活の多様化などで米の消費量が減っていることやパンの原料となる小麦が世界的に値上がりしているため、購入額が引き上げられた。その証拠に、ここ20年で食費全体は減額しているにもかかわらず、パンやめん類は減っていない。

 また、1世帯当たりの米の消費量も90年の年間125.78キロから、11年には81.60キロと3分の2にまで減少。食べる量(需要)が減ると余剰が発生し、価格が下がるという悪循環で、この間米の価格も30%以上下がっている。これらの状況が相まって、米の購入額減少に歯止めがかかっていない。

 家庭で米を炊かず、コンビニエンスストアなどでおにぎりや弁当を買う機会が増えていることも米の消費減少要因の一つとみられる。現に今回の調査では、家庭での米の購入金額は減ったものの、コンビニなどでのお弁当などの購入金額は上昇傾向を示した。

=================================
引用以上
 
List
  この記事は 129048 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_273367
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp