健康と食と医
271030 パーマ液、毛染め剤は除草剤に近い猛毒
 
橋本宏 ( 20代 大阪 会社員 ) 12/12/02 PM09 【印刷用へ
パンの添加物がパーマ剤と同じ物質(268506)という投稿がありましたが、パーマ剤の猛毒性について記載されているサイトがありますので紹介します。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
「パーマ液、毛染め剤は除草剤に近い猛毒」(間違いだらけの健康常識リンク)より引用

パーマ液には○○液と△△液があり○○液は毛髪の癖を取り、△△液は髪型を固定する薬である。髪の癖を取るということはある意味で髪の細胞を破壊するという意味である。この髪の細胞を破壊するのに用いられる化学物質は除草剤の成分とよく似ています。髪は地上に生えている雑草とよく似ているわけで頭に生えた生きた植物細胞と同じと考えられます。まっすぐに伸びようとする髪の毛の性質を殺してしまうわけですから恐ろしい毒性のある化学物質に違いありません。美容室でパーマ液の廃液を庭の草にかけると枯れてしまうという話を聞いたことがあります。このことからパーマ液は除草剤の成分に近いということの確信を得ました。

実際にOリングテストによってその毒性を測定してみました。ベトナム戦争で使われたと同じくらいの猛毒の除草剤がホームセンターでも堂々と市販されていますが、その除草剤の遅発性の毒性の約800分の1の毒性があるパーマ液であることがわかりました。虫が簡単に死ぬ殺虫剤の50万倍の毒性の猛毒除草剤の800分の1ですから殺虫剤の約600倍の毒性のものであるということがわかります。頭に殺虫剤の600倍もある毒性の除草剤に近い化学物質をふりかけていたらどんなことになるか想像してみてください。髪がパサパサになるだけでなく、体内にも深刻な影響を与えます。

毛染め剤も除草剤の3,000分の1ほどの毒性があることがわかりました。黒い髪の上から着色だけするものはそれほど害はありませんがいったん脱色して染める場合の脱色剤はやはり毛髪の細胞を破壊していることになります。この毛髪の細胞の破壊に使われるのはやはり除草剤と似た化学物質です。芸能界やスポーツ界には金髪に染めた若い人がたくさん出ていますがあの金髪に染めるにはいったん脱色しなければなりません。染めてもまた下から黒い毛が生えてきますので度々染める必要があります。こんなことを繰り返していたら大変なことになります。パーマをかけている方や髪を染めている方はご注意下さい。

(中略)

そんな外的なことよりもっと深刻な問題がパーマ液、毛染め剤には潜んでいるのです。 パーマ液の廃液で庭の雑草が枯れるのです。あのベトナム戦争で使用した枯葉剤、猛毒除草剤に近い化学物質が含まれているのです。髪と頭皮の細胞を破壊し、体内にまで浸透し、肝臓を傷めていきます。肝臓が悪くなればガンやアトピーの原因になります。肝臓が悪くなると、肝臓を守るために毒素を外に出そうとします。肝臓の毒素を排出する役目を担っている皮膚からアトピーや皮膚病で排毒するしかなくなります。肌が荒れている人は肝臓の悪い人です。パーマ液、毛染め剤を使えば使うほどその毒性が肝臓を直撃し、肌が荒れていきます。髪は茶髪にしてカッコ良くしたつもりでも肌はどんどん荒れていきます。若いうちは肝臓の毒素処理能力がまだ余裕があるのですぐには肌荒れにならず目立たないかもしれません。しかし、時間と共に間違いなく肌も荒れていきます。今の流行、ファッションだけのために長い人生の健康と美を犠牲にして良いものでしょうか。

又、女性は子供を産む使命があります。若い女の子達が将来、子供を産む時に胎児に影響するということを知っているでしょうか。除草剤、枯葉剤でたくさんの奇形児ができたベトナムの惨劇を繰り返すことになるのです。日本は世界で奇形児が最も多く出ていると言われています。産婦人科では全て死産にして処理してしまいますので、統計上には出てきません。それでも子供のアトピーや子供の成人病の多いことは良く報道されています。これは無知な母親の責任だと思います。 除草剤の遅発性の毒性の約800分の1の毒性があるパーマ液です。毛染め剤も除草剤の3,000分の1ほどの毒性があることがわかりました。虫が簡単に死ぬ殺虫剤の50万倍の毒性の猛毒除草剤の800分の1ですから殺虫剤の約600倍の毒性のものであるということがわかります。頭に殺虫剤の600倍もある毒性の除草剤に近い化学物質をふりかけていたらどんなことになるか想像してみてください。髪がパサパサになるだけでなく、頭皮から体内にも深刻な影響を与えます。

更に恐ろしいのはパーマ液と毛染め剤の同時使用です。これは実際に美容院でよくトラブルが起こるので、同時使用は控えるようにという通達が出ているほどです。パーマ液と毛染め剤の同時使用で強い化学物質同士の化学反応で更に相乗的に毒性が増して様々な髪や頭皮のトラブルが発生しているのです。 白髪の多い方も、白髪を恥ずかしい、カッコ悪いと思わないで下さい。その人の年輪を重ねてきたその人なりの美しさがあるものです。自分の勲章と思って下さい。どうしても毛染めをしたい方は全て草や自然の素材から作ったナチュラルヘナと言う毛染め剤がありますので、染まりは化学物質のようにはいきませんがそれなりに染まりますので利用されたら良いと思います。 自分の肌を荒れさせ、体内にガン、アトピーの原因を作り、未来の子供にもそれ以上の負担を負わせ洗髪後の廃水が地球環境をダイオキシン汚染させていく、パーマ液、毛染め剤の使用は絶対に止めるべきと思います。化学合成のパーマ液、毛染め剤の製造と使用を全面禁止にすべきだと思います未来の子供達と美しい地球を守るためにも。

※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※  ※
以上
 
List
  この記事は 268506 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_271030
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp