社員の活力を引き上げるには?
265376 成功事例を本気で真似すれば、勝ち筋が見えてくる
 
小暮 勇午 ( 34 滋賀 なんでも屋 ) 12/06/13 AM08 【印刷用へ
共認時代の(闘争)能力を考える上で、最も重要になるのが対象直視である。私権時代における闘争では、闘争課題の対象に向かっているように見えて、ほとんどの場合、自分に対する評価を対象としていたが、それでも勝つことはできた。
しかし、自分に対する評価や雰囲気などは、「空気」や「霞」のようなものでしかなく、真の対象ではない。共認時代では(とりわけ激動の時代である現在は)、対象=人々の期待は刻々と変化してゆく。従って、対象を直視し、その期待を掴まなければ、勝つことはできない。
共認時代において、最も重要なのが対象直視であって、どこまで広く(角度)、深く(射程距離)対象を掴めるかが、勝敗を決する。

そして、対象把握の広さと深さは、可能性収束力に規定されている。可能収束力が強ければ強いほど、わずかな可能性であれ収束し続け、対象をより広く捉え、より深く掘り下げようとする。

この可能性収束力は、成功体験の蓄積に規定されている。成功体験が蓄積されていれば、困難な課題に直面した際にも可能性=勝ち筋を見通すことができる。
つまり、成功体験の蓄積が可能性収束力を生み、それが対象直視とその広さと深さを生み出すことになるのだ。
★対象直視(広さと深さ)⇒可能性収束力⇒成功体験の蓄積


社内ネットには、様々な場面での成功事例が積み重ねられていくが、その成功事例を本気で真似すれば、自身の成功体験として蓄積することができる。どれだけ本気になって成功事例に同化し、成功体験を追体験するかどうかが、能力形成の鍵を握っている。

にも拘わらず、本気で成功事例に同化し真似しないのは、闘争課題あるいは敗北事実そのものさえ捨象しているからであり、その原因は課題を厄介視している等、自分の都合が第一になっているからである。そのような言い訳思考を止め、自分を捨てて、本気で成功事例に同化し真似をすれば、成功体験が蓄積されてゆき、勝ち筋が見えるようになる。

社内ネットは、成功事例の宝庫であり、能力形成の最高の場となる。
 
List
  この記事は 265325 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_265376
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
285647 相手の勝ち筋が自社の勝ち筋になる 喜田育樹 13/12/30 PM10
280352 0歳からもう一度☆ momokun 13/08/26 PM05
278936 チームの危機を救った、若手の一言! 矢ヶ崎裕 13/07/13 PM01
272801 これが勝利の味☆*:・°〜闘う男の人達の想いに触れて☆*:・° 久保田彰子 13/02/05 PM11
271795 勝ちの水準を知る=先輩に同化する 玉垣綾子 12/12/31 AM10
成功を導く確かな理論〜共同体・類グループの事例23 どうすれば、対象を「広く」「深く」捉えられるか〜 「これからは探求の時代」 12/08/23 PM00
活力と一体感を生み出す類グループの社内ネット紹介9回〜社内ネットだから、追求できる☆〜 「これからは探求の時代」 12/07/30 AM08
266217 「充足共認の場」としての社内ネットから「勝ち筋を学ぶ場」としての社内ネットへ 山澤貴志 12/07/05 PM09
265496 開かれた対象直視と現実直視の可能性 T Dark Shadow 12/06/16 PM07
265494 勝ち筋を見つけるためには?〜オススメ投稿♪♪ 立石裕美 12/06/16 PM03
265453 本気でなかった自分 小澤健太 12/06/15 AM02
265389 外圧激動と内圧激動 佐藤英幸 12/06/13 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp