生物学を切開する
265033 AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜
 
YouTaro HP ( 25 奈良 学生 ) 12/06/04 AM08 【印刷用へ
ES細胞の研究が行われている一方で、生物学の常識を覆す大事件「ドリーの誕生」が起こってしまいます。どのような常識が覆されて、どのような事実が明らかになったのか、解説していきます。
参考資料:Newton「iPS細胞」

〜ドリーの誕生〜
・「分化した細胞は、戻らない」という常識
ヒトは受精卵という1個の細胞から発生しているので、全ての細胞は同じ遺伝子を持っているのだが、細胞の機能はそれぞれで異なっている。
同じ遺伝子にも関わらず、機能の異なる細胞が存在しているのは、遺伝子が修飾(化学的に変化)されて、機能が制御されているから。つまり、最初の受精卵から分裂していくに従って、遺伝子が修飾されていき、それぞれの細胞は専門性を持っていくのである。(このように細胞が専門化していくことを、生物学では「分化」という。)
そして、これまでの事実として「髪の毛の細胞」から「目の細胞」は作れないし、「皮膚の細胞」から「神経細胞」は作れない。
つまり、「一度分化した細胞は元に戻ることができない」というのが常識であった。
*カエルでは分化が戻る(初期化)ことはわかっていたので、厳密には
 「哺乳類では」ということになる。

・「分化した細胞は、戻らない」という理論に対する、反証が成立
カエルの細胞で分化が戻ることは、1962年に発見されていた。そこでの実験をヒントに、羊で実験を行うことになった。
実験内容は、羊Aから卵子を取り出して、遺伝子を取り除いて空の状態にした卵子(遺伝情報は無い)に羊Bの体細胞(すでに分化した遺伝子)を入れる、という内容である。この実験で子供が生まれれば「分化した細胞が元に戻らない」という理論に対する反証が成立する。
1996年、ドリーが誕生したことにより「分化した細胞が元に戻る」ことが事実として明らかになった。

〜ドリーの誕生、終わり〜

この大発見をきっかけに、ES細胞の研究に変化が見られます。
次は「クローンES細胞」です。
 
List
  この記事は 265032 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_265033
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
265034 BiPS細胞とは?〜クローンES細胞の研究開始〜 YouTaro 12/06/04 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp