生物学を切開する
265032 @iPS細胞とは?〜ES細胞の起源〜
 
YouTaro HP ( 25 奈良 学生 ) 12/06/04 AM08 【印刷用へ
最近話題のiPS細胞。
ほとんどの人が耳にしたことがあるかもしれませんが、「iPS細胞って何?」と疑問を抱いている人が多いのではないでしょうか。
ここでは単にiPS細胞の原理を説明するのではなく、iPS細胞の研究が生まれた動機、どのようにしてiPS細胞が発見されたのか、などの歴史的背景を踏まえながら解説していきます。
*ES細胞→ドリーの誕生→クローンES細胞→iPS細胞、という歴史の
 流れがあるので、順番に説明します。
参考資料:Newton「iPS細胞」

・失われた機能を再生したい
人体の組織が欠損した場合にその機能を回復させることは、傷害を受けたヒトは誰もが願うこと。もしも、再生が実現できれば、網膜の取り換え、神経細胞の再生、もしかすると腕や足も再生できるかもしれない。
このように、失われた機能を再生させるために生まれたのが再生医療であり、これから出てくる研究の根底にある考え方です。

〜ES細胞の起源〜
・なぜ、ヒトの再生能力は限定的?
生物によって、再生能力は大きく異なる。例えば、イモリは脚を失っても自然に再生される。プラナリアに関しては全身を3等分しても、それぞれが再生して1匹になって、合計3匹になってしまう!
そこで、研究者たちは「再生能力の高い生物と、ヒトとの違いとは何?」と疑問を抱くようになる。

・カギを握るのは「幹細胞」
幹細胞とは簡単に言えば「様々な細胞に変化できる細胞」のこと。例えば、プラナリアの体には幹細胞が存在していて、それが腸、神経、筋肉など様々な細胞に変化することが出来る。だからこそ、体を切断されても再生することが出来るのだ。
しかし、ヒトにも幹細胞は存在する。造血幹細胞は赤血球、白血球、リンパ球などに変化しているし、他に神経や皮膚に関する幹細胞などたくさん存在している。
ただ、プラナリアの幹細胞は「何にでも変化できる」のに対して、ヒトでは「限定的」だから再生能力が低い。(皮膚が剥がれたり、血液を失っても再生できるが、腕はもちろん指すらも再生できない)

・「受精卵」は全ての細胞に変化できる
そこで目を付けたのが受精卵。事実として、ヒトはたった1個の細胞から発生している。つまり、受精卵は皮膚、神経、血管、目、を含め全ての細胞に変化できる能力を持っていることになる。言い換えると、受精卵の細胞をコントロールできれば、自由に細胞を作ることが可能となる。
*受精卵の細胞とは、厳密に言うと「胚(胎児になる前の細胞)の塊」
 を指している。そして、胚(embryo)から取り出す幹細胞(stem
 cell)ということで、頭文字を取って「ES細胞」と命名された。

・1998年、「ヒトES細胞」の作製に成功
ES細胞を作製するに当たっての「培養するための条件」が研究された。
1981年にマウス、1995年にサル、そして1998年にヒトのES細胞が作製された。

・大きな問題点@:倫理問題
ES細胞における一番の問題点は倫理問題である。使用される受精卵は不妊治療で余ったもの(不妊治療では10個程度の受精卵を体外受精させ無事に子供ができれば、余った受精卵は廃棄される)を使用しているのだが、子宮に戻せばヒトが発生するであろう受精卵を研究に使うことに、批判の声が多い。

・大きな問題点A:拒絶反応
ヒトの免疫システムでは、自己と非自己を認識するための仕組みが存在しており、仮にES細胞で臓器などを作ったとしても拒絶されてしまう。

〜ES細胞の起源、終わり〜

次は、生物学の常識を覆した大事件「ドリーの誕生」です。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_265032
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
生物学の常識を覆す?!“iPS細胞”って何? 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 12/10/21 PM05
269495 IPSについてのモヤモヤ 佐藤英幸 12/10/10 AM04
266420 不妊治療における、「着床前診断」 YouTaro 12/07/11 PM00
265033 AiPS細胞とは?〜ドリーの誕生〜 YouTaro 12/06/04 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp