西洋医療と東洋医療
261888 貧困が肥満を生む〜アメリカファーストフード地獄
 
斎藤幸雄 HP ( 48 愛知 建築設計 ) 12/03/03 AM10 【印刷用へ
アメリカでは肥満率に地域差があり、肥満率の高い州は南部と中部に集中しているそうです。それらのミシシッピ、アーカンソー、ウェストバージニアは、アメリカ国内でも最も経済的に貧しい州で、一人あたりの所得は、最も豊かな州:コネチカットの約半分。貧しい州ほど肥満率が高いという傾向を示しています。

この肥満率と貧困の相関は、アメリカに限たったことではなく、世界的に見ても、一般に豊かな国は肥満率が低く、貧しい国では肥満率が高くなる傾向が見られます。

貧しい人ほど、自分が太るほどの食料を調達しにくいなずなのに、貧しいほど肥満になる傾向にあるのはなぜか?

以下、その答えに繋がりそうな、アメリカにおける「肥満と貧困」の関係をを分析した記事を紹介します。

相模太郎のホームページへようこそ『貧困が肥満を生む〜アメリカファーストフード地獄』リンクより転載します。
====================================================================
■堤未果著〜「ルポ:貧困大国アメリカ」から〜衝撃的だったアメリカの現実
 「アメリカ人は何で肥満が多いの?」 「ハンバーガーばかり食ってるからだよ」・・・もっと栄養バランスの取れた食事をすればいいじゃないか、という意見したくなる人は、「つまりアメリカの現実を分かってない」ということになる。アメリカ人の肥満は、貧困と密接な関係があるのだ。

 アメリカは貧富の格差が激しい。昔の感覚と言えば、腹が出るほど太った資本家が労働者を搾取する、正にそれだった。ところが今は、ホワイトカラーはフィットネスクラブで体を鍛えて颯爽とスーツを着こなし、貧乏人は肥満にあえぐ・・・。いったいどういうことだろうか。

 堤未果氏の研究によると、貧富の格差から来る「健康格差」は、既に子供の頃から現れているという。貧困家庭の子供は「学校給食」に頼らざるを得ないが、公立学校給食に卸される食品は、ハンバーガーにピザ、フライドチキンにホッドッグ〜いわいるファーストフードとジャンクフードのオンパレードだ。なにせ、何から何まで効率を優先するアメリカである。限られた予算でやりくりする為には、安価で、調理が簡単で、手っ取り早くカロリーを摂取できる食品が好まれる。

 背後には、学校給食という巨大マーケットに巣食う大手ファーストフード業界の姿があった。子供を不健康にさせておいて、会社だけが丸儲け〜これがアメリカの現実だというから驚く。

 ファーストフード、ジャンクフードは給食だけではない。所得の低い大人がスーパーで日々の食材として購入する。安価だから、それに頼るしかないのだ。添加物にまみれ、カロリーだけあって、栄養価がない・・・そんな食生活を強いられる彼らは確実に「メタボ」予備軍だ。しかも体がおかしくなっても、医療費が高額なので病院にもかかれない・・・儲かるのは会社だけ・・・正にファーストフード地獄である。

 2011年8月、アメリカでこんなニュースがあった。アメリカで肥満の子供が増大していることについて、ハーバード大学のデイビッド・ルドウィッグという博士が、「肥満児の親は親権を剥奪すべきだ」と発言したという。肥満治療のため、州が強制的に介入すべきだという。事態の深刻さを示すエピソードでもある。

■沖縄に見る「アメリカナイズ」がもたらした貧困と肥満
 沖縄のイメージというと、「長寿」 「健康な食生活」 とくるだろうが、当てはまらない事象が出て来た。戦後生まれの人々の平均寿命は本土より短いのだ。その理由は、アメリカ占領時代の悪しき遺産の性だ。食料不足を補うため、アメリカ性の安価な肉製品が大量に供給された。ランチョンミートという、塩分と油脂が多い缶詰が大量に供給され、その後の沖縄料理に欠かせないものとなってしまう。アメリカの食文化が押し寄せた沖縄〜終戦直後の貧困が思わぬ 「高カロリー食」 を広めてしまった。

 貧困と肥満の関係・・・アメリカの例は教訓的だ。それを思えば、日本の学校給食の何と素晴らしいことか。それで給食費を「払えるのに滞納する」人々がいるとは残念でならない・・・。

■アメリカナイズされた「郊外文化」が、貧困→肥満の悪循環を生む?
 アメリカにおける 「貧困と肥満」 の悪循環〜貧困という厄介な問題を解決しなければ前に進みそうにないが、アメリカの郊外文化がそもそも 「貧困と肥満」 を生む一つの元凶になっていると指摘する人もいる。「ファスト風土」〜これは三浦展氏の造語である。

 クルマ偏重 ・ ファーストフード偏重 ・ 24時間営業による生活の乱れ ・ パートアルバイト労働の増加による所得減少 ・ 画一化による地域社会の崩壊 ・ 人々の意欲の喪失→その先には 「貧困と肥満」 が待っている。私たちは、こうしたアメリカ式郊外文化の 「リスク」 を理解し、上手に付き合っていかねばならない、と言える。

 =======================================================以上、転載
 
List
  この記事は 261282 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_261888
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
283331 マクドナルドがボリビアの全店舗を閉店 匿名希望 13/11/12 PM10
276462 昔のイメージとは逆、今は貧困層ほど肥満が多い mosimobox 13/06/06 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp