未知なる回路:気・霊感・予知
261380 丹田≒小腸あたりは気の出所♪
 
谷光美紀 ( 30代 愛媛 経理 ) 12/02/14 AM00 【印刷用へ
丹田ってよく身体の中心軸って言われますし、呼吸法でもとても意識される部分ですが、その丹田ってちょうど小腸のあたりだそうです(^^)

『気功の穴象気功』リンクより引用させていだきました。

---------------------------------------------------------------

丹田が小腸のあたりを指すということは、そこに意識を置くと小腸に影響を与えるとゆーことである。
まあ、人間とゆーものを考えるとき、どーしても脳を中心に考えがちであるが、脳は元来、付属物である。
原生動物や後世動物なんかに戻ると、消化器管だけのものが多い。
消化器官といっても最初は胃も十二指腸も、消化器系のすい臓も胆のうも肝臓も腎臓もなくて、食物を取り入れて栄養を吸収して出すだけの管であったわけである。
つまり、最初は小腸だけの存在であったものに、よりよく生きて、次代に種をつなげるために他の臓器ができたのである。
脳なんかはかなりあとになってくっついて発達してきたものなのである。

そう考えると、人間の原点は小腸にあるわけなのである。
そこで小腸と気の関係である。

なぜ小腸が気の田んぼで、気の海であるのか。
ここで、また、「ははあ」と気づいたあんたはえらいっ。

そうなのである、毛細血管である。

最初に説明した通り、気は細い管を物が通るときの波動である。
人間を含めて動物の場合は気は主に毛細血管を血液が通るときの波動であるのである。

小腸は栄養をよりよく吸収するために、襞(ひだ)がもう無数にあって、その襞を広げると、テニスコート1面にもなるといわれているのである。
そのテニスコート1面の襞に、これまた栄養を吸収するために毛細血管が無数に張り巡らされているのである。

その毛細血管をつなぐと「地球を何周もするんですよ」なんて、神のお告げの口から出任せで、てきとーにシャレで言ってたら、最近テレビの番組を見たら、実際にそのとおりで、まあ、毛細血管を含めた血管の長さをつなぐと9万kmもあるそうで、これは地球を2周半に相当するのである。
そこを9万kmの長さのものが人体に内臓されていて、とくに小腸には各段に多い毛細血管が内臓されていて、そこを血液が通るわけだからその波動はすんごいわけである。

だから、誰でも食事をしているときは消化器系に血液が集まっているので、気が出ているわけである。もう少し言うと胃腸の強い人ほど気が溢れているわけである。

-----------------------------------------------------------------
 
List
  この記事は 261247 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_261380
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
303127 丹田呼吸法〜呼吸が意識を変える 匿名希望 15/04/17 PM03
261449 最先端の研究では、腸内細菌を集団として捉えている 松井英仁 12/02/16 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp