人類の起源と人類の拡散
260933 リズムとは、共同体の成員相互の関係性のあり方を示す
 
12/01/28 PM03 【印刷用へ
リズムには民族性・地域性があるというのは、みんな経験的に分かっていることですが、リズムとは、共同体の成員が一致団結しなければ生きていけないという外圧状況の結果生まれたもの、という視点はなるほどです。
リズムは、共同体の成員相互の関係性のあり方を示しているんですね。


未来部族「リズムの発生」より引用リンク

***

 民族音楽学者の小泉文夫という人が書いた「音楽の根源にあるもの」(平凡社ライブラリー)の中に、こんな話が出てくる。

 カナダでカリブーを捕って食べているエスキモーと、アラスカの鯨を捕って食べているエスキモーを比べるとリズム感が全然違っている。カリブー文化に属するエスキモーはどれも2人以上で一緒に歌えないのだが、後者は複数の人でぴったりとリズムを合わせて歌うことができる。この理由として小泉さんは、一つには後者は海の近くに住んでいて流木(ヘリにする)やセイウチの胃袋(皮)で太鼓を作ることができ、それでリズムをとるということをあげている。そしてもう一つの理由は、鯨は共同体全員で心を一つにして協力しあわないとつかまらないが、カリブー猟は基本的に一人でするものだからなのではないかという。

「人間だからだれでもいっしょに歌うことができるとかリズム感が初めからあるのだというのじゃなくて、人間はいっしょに力を合わせて、食べ物を、えさを探さないと死んでしまうから、必然的にそういうリズムを獲得するようになったと考えたほうがよさそう」であるというのだ。

 さらに、熱帯のスリランカに住むベッダという、裸で野山を歩き猪などを捕らえて暮らしている狩猟民の例が出てくる。彼らはやはり単独で猟をする。仲間意識は強く一緒にうたうこともあるのだが、その場合でもひとりひとりがそれぞれに「自分の歌」を歌うということしかしないのだという。
 そしていろんな社会(バリ島とかアフリカの宮廷音楽とか)を見てみると、音楽の構造には社会構造が如実に反映しているということがわかってくる。たとえばユニゾンというのはハーモニーよりも後のもので、王のような権力者がいてそれにぴったり合わせる必要から生まれるのだというような。

 リズムというのはヒトにとって本源的なものだと僕は思っているのだが、身体に内在する「リズムへの志向」がどのような形であらわれてくるかは、どんな風に食べ物を確保し暮らしを営んでいるか、そしてそれに基づく成員相互の関係性のあり方にかかわってくるということになる。
 
 縄文の遺跡では、有孔鍔付土器という口が平らで縁に穴が並んだ土器が出土する。おそらくそれに皮を張って太鼓として用い(異説もあるが)、リズムをとって皆で「まつり」を行なっていたことだろう。ドングリを主食にし海岸部では漁労も営んでいたという彼らのリズム感は、いったいどんなふうであったのだろうか(まさかゴアトランスの四つ打ち?あるいはすさまじいポリリズム?)。海岸部と山間部(おそらく今のマタギに連なる山人の系譜)ではまつりのあり方やリズム感はどのように違っていたのだろうか。こういう疑問が次から次へと湧いてくるのだが・・・残念ながら小泉さんはもうこの世にはいないのだった。

(引用終わり)
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_260933
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
君もシャーマンになれるシリーズ8〜リズムを合わせるとは?(その1) 「生物史から、自然の摂理を読み解く」 12/02/25 AM00
261120 生命は自然現象の中にリズムを見出し、受け継いできた 12/02/03 PM09
【コラム】祭りの継承より共同体の再生=新たな祭り場へ 「新しい「農」のかたち」 12/02/02 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp