経済破局は来るのか?
255717 茶番の米政治の裏側で
 
新聞会 11/08/18 PM04 【印刷用へ
アメリカの債務上限の引き上げの真の目的は、社会福祉をさらに削減するためのものとビル・トッテン氏は語る。だが、それはアメリカの混乱の序章にすぎないのだろう。

温故知新リンクより転載します。
---------------------------------------------------
借金まみれのアメリカ政府がさらに借金ができるように上限を引き上げた。しかしそれが財政赤字の解決にならないことは誰の目にもあきらかだ。オバマ大統領が本当にやりたいのは「このままだとアメリカはたいへんなことになる」という論調を広め、アメリカの社会保障費やメディケアなどを削減するしかないという雰囲気を作りだすことである。
住宅バブルの崩壊
 アメリカの財政赤字はGDPの10%にまで増大している。しかし2008年の初めにアメリカ議会の予算委員会は、09年の赤字はGDPの1・4%になると予測していた。それが急速に拡大したのは、08年に起きたサブプライムという住宅バブルの崩壊にほかならない。オバマ大統領はこの事実を隠している。

 サブプライム問題は、日本のバブル期にノンバンクや銀行がお金を貸しまくり、それが焦げ付いたのと似ている。日本の銀行も公的資金を使って救済されたが、アメリカの場合、救済額は桁違いだった。今年7月、アメリカ会計検査院(GAO)がアメリカ連邦準備理事会(FRB)に監査を行った結果、07年12月から10年7月21日までに金融機関に行った融資の総額が16兆1千億ドルであったというのである。

 よく数字をみてほしい。問題になっているアメリカ政府の赤字は約1兆5千億ドルだ。アメリカのGDPは14兆1200億ドルしかない。しかしFRBが金融機関に融資したのは16兆ドル、アメリカのGDPを上回る。これを考えたら、1兆5千億ドルの赤字についてメディアがあたかも世界恐慌の前ぶれのように議論するのはばかげている。

 サブプライムローンは、金融機関が貪欲に短期的な利益を追求し、焦げ付くに決まっているものを「サブプライム」などと呼んで住宅ローンに投機マネーを振り向けたものだ。
銀行の不良債権
 何もないところから「お金を創造」することのできる銀行が、返済能力のない人にまでお金を貸し出して、安い住宅を買わせ、買った側もその家の価値が上がったら売って借金を返して、残ったお金でまた家を買ってそれが値上がりしたら売って…という幻想で、もちろんバブルははじけ、人々は家を失い、銀行は不良債権が膨らんだ。

 その銀行に、アメリカ政府は16兆ドルを差し上げた。これについてはアメリカ政府は議論をせず、メディアはさほどとりあげもしない。

 そしてアメリカ政府は、この勢いでさらに弱者への福祉を削減しようとしている。16兆ドルものお金を金融機関に融資したことを、ウォール街から多額の政治献金をもらっているオバマ大統領が秘密にしたいのは当然だし、財界に都合の悪いことは報じないメディアが黙っているのもいつものことだからだ。

 アメリカの債務上限の引き上げで与野党がもめたとか合意したとか、それらは念入りにつくられた政治的茶番劇にすぎない。これはアメリカの真の問題ではなく、政治家を操るウォール街がこの危機を利用してアメリカの社会福祉をさらに削減するためのものである。そしていつもどおり、そのもくろみはうまくいくのだろう。
----------------------------------------------------
以上です。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_255717
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp