生物学を切開する
2540 科学と社会
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/03/31 AM01 【印刷用へ
私は、科学の責任と科学の方向については、一人一人がじっくり考えないといけない問題と捉えています。一般の人々ももちろんですが、特に科学を目指す心ある人たちにも少しでも考えていただきたいと思います。すべてを一気に話し尽くせないかもしれませんが、その点はご了承ください。

1.進化論は人類社会をも説明できるものであるべき
私は、現在の社会・環境への適応態である私達人類、に繋がらない進化論は意味がないと考えています。進化は現在まで繋がっているのだから、当たり前であると思います。

2.生物は環境への淘汰適応態
環境との相互作用によって生物は淘汰適応していくという認識については、反論はないと思います。(適応の中身や淘汰の議論や方向性の議論は別途議論の余地がありますが)。このことは、生物が適応態であるかどうかは環境条件によって左右されるということですから、生物学(科学)はその条件を押さえるのは当然のことです。当然環境条件を押さえるとは、自然条件だけでなく他の集団や他の生物(種)との関係、個体間の関係つまりその生物が置かれている社会を対象化するということでしょう。共生進化論とか共進化とかという進化上の議論はまさにその一つの結果ではないでしょうか。最近議論の遡上に載ってきている形態進化の問題や自己組織化の問題も、それが置かれた場の影響を大きく受けるのではないでしょうか。

3.集団(種)の中にあってこそ生命
「生物とは」、「生命とは」の議論が現在進行中ですが、一個の個体を対象として研究したとしても生命現象を語るには不十分だと考えます。それは原生動物の生殖機能や粘菌の動き、あるいはそういう例を出すまでもなくヒト一人だけを取り出して、ヒトという生物を語ることができないというのは自明のことでしょう。まさに、集団の中にあってあるいは集団との関係を押さえることによって、初めて生物の機能や適応戦略が解明されるのです。つまり、集団(→社会)の議論を抜きにした進化論は欠陥品でしょう。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2540
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
153621 植物の集団性はダイナミック! 丸一浩 07/06/06 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp