環境破壊
253491 見えない世界からの警告か?或いは、未知なる世界への幕開けか?そして、UFOの飛来も頻繁に?
 
たっぴ ( 35 京都 会社員 ) 11/06/25 PM03 【印刷用へ
『はやぶさから、長期間通信が途絶えた事があった』
253387

このような不思議な現象は、宇宙空間のみならず、
地球上でもここ最近頻繁に起こっています。

これらは、直接的には関係しませんが、
なんらかの因果関係があるものと思います。

《神道系》
・2009年10月8日
 伊勢神宮「樹齢数百年」巨木倒れる
・2009年10月8日
 伊勢の夫婦岩の大しめ縄が切れる
・2009年11月21日
 神社の大木が倒れ七五三参拝の女性直撃
 福岡市東区箱崎1の筥崎宮(はこざきぐう)(田村靖邦宮司)
・2010年3月10日
 鶴岡八幡宮のご神木の大イチョウが倒れる
・2010年4月18日
 妻科神社のご神木のケヤキ倒れる
・2010年4月27日
 永平寺 樹齢700年のご神木が真っ二つ
・2010年11月2日
 宮城県・白鳥神社でご神木の銀杏が倒れる
・2011年3月11日
 鹿島神宮の石の大鳥居も地震で崩壊
・2011年4月4日
 出雲大社に掲揚されている巨大日章旗が裂ける
 (NHK放送終了時に映されるもの)
・2011年5月3日
 静岡県熱海市・来宮神社で古木と鳥居が倒れる
・2011年5月5日
 熊本県・下井神社でエノキが倒れる
・2011年6月18日
 馬出の桜 強風で折れる 京都・上賀茂神社
 
 ※上記参照サイト:リンク 

《自然界の異変》
・2010年8月7日
 東海3県で謎の「爆発音」 被害報告なし、通報相次ぐ
 愛知、岐阜、三重の3県で「ドーンという大きな音がした」との通報が
 相次いだ。警察や消防が原因を調べているが、同日夜現在、被害の報告
 はなく、音の発生源も分かっていない。
・2011年3月5日
 イルカ 52頭が砂浜に 住民ら救出活動 茨城・鹿嶋
 リンク
・2011年6月15日 
 オタマジャクシ落下、石川で頻発なぜ 加賀に続き志賀でも、
 原因はサギか
 リンク
・2011年6月15日 
 死骸1万匹を回収 浅野川のアユ大量死 金沢漁協 
 リンク
・日常の異変(随時更新)
 リンク

《UFO目撃関連》
・2001年9月6日
 米テロ映像の超高速UFO
 リンク
(こちらは、米軍の無人軍事兵器の実証と思われる)

・アメリカ・ニューヨーク上空に現れた衝撃UFO映像
 リンク
(こちらには、WTC近くを飛行していたヘリから撮影したが画像が
 アップされていたが今現在は、削除されている。高速で飛び去る
 黒い機影がはっきりと写っていた。)

・2009年11月
 福島原発上空に、巨大UFO 飛来
 リンク
 他にも原子力発電の高炉にもUFOが出現していた動画映像があり、
 UFOは原子力や核兵器に警告をしている。

・2011年3月11日〜15日
 東北関東大地震、大津波、福島第一原発大事故、UFO飛来!
 リンク
 福島原発と言えば、いまや「悪魔の放射能」。
 しかし実はいまではもう1つのメッカ、「UFO」(円盤)の出現の
 メッカとなっている。
 これまでにもさまざまな形状のUFOがやってきた。

・2011年3月12日 福島上空 
 震災・原発事故直後、福島と東京の上空にUFOが現れていた!?
(動画あり)
 リンク

・2011年3月15日
 日本の地震ニュース中継中に映りこんだUFOらしき物体、5つの映像。
 リンク

・2011年5月8日
 東京・新宿にUFOが無数に出現! 衝撃的な現象に東京都民が叫びまくる
 リンク

2011年5月8日15:00ごろで、このUFOを撮影した人物は「目撃&撮影場所は北新宿3丁目です。20名を超える人数で目撃しました。最初目撃時は100機くらいいるんじゃないか!?という大群でしたが、段々移動しながら減り、撮影時には20機くらいに。
映像でも数機編隊になっているのが映っています」と説明文をYouTubeに掲載している。ここ最近は東京都内でUFOが出現するケースが増えている。

・2011年5月20日
 世界中に広がる「謎の発光現象」!
 リンク
 桜島の上空にたくさんのUFOが見える。
 世界各地に、発光現象や、UFOが確認される。
 
・2011年6月14日
 福島第一原発にUFO:今度は「球状UFO」
 リンク
 
List
  この記事は 253387 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_253491
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp