人工物質の脅威:大気・水・食品
252744 【放射線量測定】6/8大阪 〜大きな変化はなし/芸術と放射能!?〜
 
吉田達乃鯉 ( 31 神奈川 会社員 ) 11/06/09 AM08 【印刷用へ
大きな変化はなし

測定場所:大阪 新大阪
測定機器:COLIY 900+
測定位置:SRC造ビル/8F:窓際(窓開放時)、室内(接客スペース)/1F:屋外(1m)、地表面/屋上(11F)
測定方法:10分間の累積線量から1時間あたりの数値に換算(10分間の累積線量を6倍しています)。1日に12時と24時の2回測定。
測定放射線:α線+β線+γ線

注)BG線(自然発生放射線。0.1〜0.3μSv/h程度)を含む。

測定結果(←昨日値)
6/7 昼 雲 単位:μSv/h
窓際 :0.222(←0.216)
室内 :0.198(←0.174)
屋外 :0.186(←0.180)
地表面:0.258(←0.270)
屋上 :0.216(←0.180)

6/7 夜 雲 単位:μSv/h
窓際 :0.216(←0.144)
室内 :0.210(←0.204)
屋外 :0.186(←0.186)
地表面:0.252(←0.294)
屋上 :0.198(←0.186)

☆放射線マメ知識〜芸術と放射能!?〜☆
リンク

調べたい物を傷つけることなく、内部の微細な構造を観察できるという
ラジオグラフィーの方法は、芸術の分野でもその威力を発揮しています。

ミレーの「種まく人」はラジオグラフィーでその下に車輪が描かれてい
ることがわかったそうですが、このように、名画の下に隠された絵の発見
や、一部の書き換えが証明されて話題になったりしています。

古い仏像などでは、その胎内にいろいろなものが納められていることが
発見されています。また、法隆寺の国宝、聖徳太子の座像は瞳の部分にコ
ンタクトレンズのようにガラスが張り付けてあることがエックス線撮影で
初めて明らかになりました。

こうした知識は、芸術作品の生まれたいろいろな背景や歴史的な変遷な
どを明らかにする重要な手がかりとなります。また、彫刻にエックス線CT
を用いるとその微細な構造まで立体的に知ることができるというので仏像
の修復などに利用されている例もあります。
 
List
  この記事は 252691 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_252744
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(6)救助開始前に現場に現れた謎の部隊 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/06/14 AM00
252826 【放射線量測定】6/9大阪 〜大きな変化はなし/放射線を防護する食べ物(フランス医学系サイトより)〜 三浦弘之 11/06/11 AM00
252749 日航事故A 御巣鷹山上空での日米ソ入り乱れた空中戦の真相 縄文男児 11/06/09 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp