学者とマスコミはグルで頭脳支配
252714 都の下水処理施設で高放射線量
 
ふぇりちゃん ( ニコニコどき ) 11/06/08 PM08 【印刷用へ
先ほどYahooのトップページを見ると、一番に『都の下水処理施設で高放射線量…避難区域に匹敵』の言葉が目に入りました。

リンク
*******
 東京都大田区の下水処理施設内の空気中から、毎時約2・7マイクロ・シーベルトの放射線量が検出されていたことが、都の調査で分かった。

 計画的避難区域の福島県飯舘村の放射線量と同程度で、文部科学省によると、都内でこれほどの放射線量が検出されたのは初めて。放射性物質を含む汚泥の影響とみられるが、都は「検出場所は屋内。敷地の境界では問題なく、誤解を招く恐れがある」とし、調査結果を公表していなかった。

 都によると、この施設は都下水道局の「南部スラッジプラント」で、都内2か所の下水処理場で発生した汚泥を集めて焼却し、灰を東京湾に埋め立てるなどしている。都の5月の調査では、この施設の焼却灰から1キロ・グラム当たり1万540ベクレルの放射性セシウムを検出していた。
*******

また、今日の記事には他にもこんなのも。
『東電の放射線データ公表漏れ、合計1382件』リンク

つい数日前には、放射性物質の大気放出量をそれまで公表していた倍の量に公表し直したり。
重大なことが起こってずいぶん時間が経ってから、「実は〜〜だったんです」ということがあまりにも多過ぎる(><)


正確なデータを集めた上で分析したり確認したりする必要があるのはわかりますが、
>都は「検出場所は屋内。敷地の境界では問題なく、誤解を招く恐れがあ
 る」とし、調査結果を公表していなかった。
なんて、なんかひどいです。
こんな言葉を聞いても、今までのことがあるから「本当に問題はないの?」と不安になるし、不信感も増してしまう。
今さら公表するにしても具体的にどうなっているのか・どんな理由で問題がないと考えられるのかを説明してくれていないから、この発信そのものが誤解に繋がるんじゃないかと想います。


特権階級にとって都合の良いような発信は(たとえ中途半端な内容であっても)とても早いのに、このような重要な発信は本当に遅い。
私たちは、そのときにその状況をより正確にわかりやすく知りたいし、これから起こりうることも知り、考えていきたい。

もうっ(/ω\)
 
List
  この記事は 252679 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_252714
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
252889 大田区や江東区の汚泥処理施設で飯舘村に匹敵する高濃度汚染! 彗星 11/06/12 AM03
252754 東京都内の放射能汚染の深刻化〜東京都も異常な隠ぺいを行っていた 猛獣王S 11/06/09 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp