人工物質の脅威:大気・水・食品
252679 原発事故(3) 原発事故、これから日本はどうなる?
 
縄文男児 ( 60代 経営 ) 11/06/08 AM00 【印刷用へ
まとめると、放射線の被害には3段階ある。
@外部被爆、つまり外からやって来た放射性物質が服などに付着している。
A通常物質の一部が放射性物質化する。
B内部被爆、つまり呼吸や飲食物を通して、放射性物質を体内に取り込むこと。

ネット等ではもっぱら内部被爆の危険性が強く指摘されているが、外部被爆も極めて危険であることを忘れてはならない。年1回の健康診断のレントゲン撮影がガンの急増の原因であると警鐘を鳴らしている医者がいる。だとすれば、外部被爆によって、健康診断のレントゲンをはるかに超える放射線を浴び続けるわけだから、その影響は計り知れないものとなる。

また、内部被爆による甲状腺ガンや白血病がよく取り沙汰されるが、それは氷山の一角にすぎない。実際は心臓病をはじめとする様々な疾病が増えてゆく。チェルノブイリ原発事故では、周辺住民の寿命が一気に10年も短くなったことが報告されている。

少なくとも今後3年間(下手したら10年間)は、福島原発から放射能が拡散し続けるのは必至であって、日本人全体が放射能人間化する。そして、ガンや心臓病が増え、日本人の平均寿命が下がるのは、もはや避けられない事態だと考えられる。

さらに、今回の原発事故レベルがレベル7に止まらず、未曾有のレベル8〜9に判定されることも確実で、そうなると日本全体が放射能で汚染されているという事実が世界に広まり、食料品はもちろんのこと、工業製品も輸出が止まり、続いて輸入も半減するという事態に陥ることが十分に考えられる。しかし、この事態は「災い転じて福となす」好機であると言えないこともない。輸出入が激減することによって、日本は否応なく自給自足の道を模索せざるを得なくなるからである。

自給体制は、今後の世界全体が向かう必然的な方向だが、真っ先に日本が、待ったなしの圧力を受けて、それに取り組まざるを得なくなるということは、暗示的である。

また、日本全体が汚染されているということになれば、中国や北朝鮮も日本に手を出さなくなるだろう。見方を変えれば、日本人全体が核人間(核兵器)と化すということであり、防衛上これほど強力な武装はないとも云える。10〜20年もすれば日本がそれほど危険ではないとわかるが、それまでは誰の干渉もされずに、日本人は自分たちで望む社会を作る時間が与えられたということかも知れない。

もちろん、金貸し・闇の勢力たちは日本に来なくても、日本を支配することは可能であるが、今や武力や資本力で支配するのは不可能で、マスコミを使って共認支配するしかない。ということは、日本人があるべき社会を作り上げてゆくためには、マスコミを通じた共認支配をどう打ち破るか、その一点にかかっているということである。
 
List
  この記事は 252637 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_252679
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
253601 日本から100兆円が消える日 猛獣王S 11/06/27 PM11
脱原発 脱市場 不屈の日本再生11〜日本半鎖国化でど〜なる?〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/06/18 PM06
6/5なんでや劇場(1)〜(3) 原発事故、これから日本はどうなる? 「日本を守るのに右も左もない」 11/06/16 PM08
地震・原発を契機に人々の意識はどう変わるか?【6】:脱自由市場化が進む? 「日本を守るのに右も左もない」 11/06/11 PM01
252837 「原子炉が呼吸をしている」???? Silentservice 11/06/11 AM08
ブログ紹介「金貸しは国家を相手に金を貸す」 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/06/10 AM03
252778 放射能汚染が日本の農業をプラスに変えるかも… 石田春花 11/06/09 PM10
252748 日航事故@ '85年、御巣鷹山上空で何が起こったのか? 縄文男児 11/06/09 PM00
252714 都の下水処理施設で高放射線量 ふぇりちゃん 11/06/08 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp