学者とマスコミはグルで頭脳支配
251238 「福島の地震確率0%」だと?全く外している地震予知のために膨大な予算が投入され、延々と税金をむさぼり続ける学者たち
 
猛獣王S ( 不惑 東京 営業 ) 11/05/11 PM09 【印刷用へ
全く外している地震予知のために膨大な予算が投入され、延々と税金をむさぼり続ける学者たちを我々はどうしよう。

『誰も信用しない地震確率をなぜ菅総理は信じたのか?』(NEVADAブログ)リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
以下の地震確率表(2011年1月1日付け、30年以内に震度6以上が起る確率)をご覧下さい。
今日の日経新聞に掲載された数字です。

0.0%  福島原発第一号、石川志賀原発、福井大飯原発、島根原発、
      愛媛伊予原発、佐賀玄海原発
0.4%  北海道泊原発、 福井高浜原発、
0.6%  福島第2原発、 福井美浜原発、
1.0%  福井敦賀原発、
2.2%  青森東通原発、
2.3%  新潟柏崎刈羽原発、鹿児島川内原発
2.4%  茨城東海第2原発
8.3%  宮城女川原発
84.0% 静岡浜岡原発

おおよそこのような確率となっていますが、<0.0%>とされていた福島第一原発に注目するべきだと言えます。

「地震予知など出来ない」と世界的に認識されている中、上記の確率が日本では独り歩きしており、膨大な予算が地震予知連等の機関に投入されています。

今回確率0.0%の福島原発が地震・津波で破壊されたことへの言いわけは「想定外」でしたが、<0.0%>という確率をはじき出した根拠は一体なんだったのか、専門家は誰も言いません。

仮にこの確率が<0.1%>でもあれば、その<0.1%>の確率が起ったと言えますが、<0.0%>では全く地震は起らないと判定した訳であり、この誤った判定をした学者は全員、国民の前に出てきて、今まで貰った報酬を全部返して学者をやめるという責任の取り方をするべきだと言えます。

誰でも<0.0%>の確率なら安心し地震保険に入ろうとも思いませんし、安心しきっても地震対策など取らなくても何ら不思議ではありません。

そこで、話をもとに戻しますが、この<0.0%>の確率が誤っていたなら、ならば<84%>という確率はどうなのでしょうか?
これも誤っていると言えるのではないのでしょうか?

<0.0%>が誤っていて<84%>が正しいと言われましても信用できるものではありません。

日本は地震列島でどこでどのような巨大地震が起りましても何ら不思議ではなく、本来なら確率など数字の遊びでしかないのでしょうが、専門家先生が税金を貰って仕事をしているというアリバイ作りのための数字をはじき出したのであれば上記の数字は納得がいきます。

なぜなら上記の数字は30年間の確率であり、仮に30年間、浜岡で巨大地震が起らないとすれば「いやまだ16%の確率が残っています。あと30年間注意しましょう。」、となります。

そして、このような数字を計算した学者達は30年、60年後には鬼籍に入っており、この間延々と税金をむさぼり続けます。

本当は、いつ何時巨大地震が起っても不思議ではないという前提で原発の安全性、一般国民のライフラインをどう整備するか、避難経路をどのようにするか、そちらを真剣に検討した方が良い筈なのです。

震度6以上の巨大地震がいつ起こっても耐えられるだけの原発をつくれば膨大なコストが掛って採算に合わないというのであれば、原発はつくってはいけないのでしょうし、それでも必要だからつくるというのであれば、その地域の住民はその覚悟をして日々の生活を送る必要があり、全ての日本国民はその影響(被害)を受けることもあるという心構えでいる必要があります。

「数字の遊び」をしている暇はないはずですが、政府も学者もマスコミもみな、まともな対応をしているとは到底思えません。
----------------------------------------------------------------
 
List
  この記事は 249968 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_251238
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
295381 東大名誉教授 5月以降発生した震度5以上の地震をすべて的中 山上勝義 14/09/15 AM03
295380 地震予知などできない! 日本人は知らない「地震予知」の正体 (ロバート・ゲラー著より) 阿部和雄 14/09/15 AM02
267232 驚くべき地震予知研究の歴史 〜国民を裏切り続けてきた地震学者たち 鈴木隆史 12/08/03 PM08
254423 蝉の鳴かない夏に要注意 末廣大地 11/07/16 AM00
252279 M7.3程度の地震が今後起こる〜東大地震予知は全く当てにならない 匿名希望 11/05/30 PM09
251338 「34学会会長声明」に見る「御用学者」の影 猛獣王S 11/05/13 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp