原発
250148 低線量放射線被爆(内部被爆)の方が影響が大きい
 
川井孝浩 HP ( 38 東京 設計 ) 11/04/24 AM02 【印刷用へ
内部被曝による影響は、低線量かつ長期的な堆積によって起こる。骨中に取り込まれたストロンチウム90は骨髄中に濃縮され、骨髄に対し、低線量で何年にもわたって放射線を照射し続ける。長期に渡る結果としての症例となるが、既に人体実験による証拠も取られているというのが事実のようだ。

以下、リンクより

疫学的事実・知見を詳しく書いている『放射線の衝撃低線量放射線の人間はの影響(被爆者医療の手引き)』という本を肥田さんが訳され、これを読んだ大阪高裁が納得して被爆者認定体を求める訴訟で原告を実質勝訴させました。

以下は大阪高裁が採用した「放射線の衝撃」核心部分です。
:::::::::::::::
 平成20年5月30日判決言渡
 平成18年 * 原爆症認定申請却下処分取り消し等請求控訴事件 *
 事実及び理由
 第1章 控訴の趣旨

4 低線量放射線による被爆の影響に関する指摘
 証拠*によれば、低線量放射線による被爆の影響に関する議論や指摘等について、次の事実が認められる。
(1)ドネル W. ボードマンの指摘(1992年)*
 ケンブリッジ及びマサチューセッツの原子放射線研究センターのドネル.w. ボードマンは、著書「放射線の衝撃 低線量放射線の人間への影響(被爆者治療の手引き)」(肥田舜太郎訳)において、以下の指摘をしている。(略)
(2)ジェイ M. グールドらの指摘(1994年) *
 「放射線と公衆衛生に関する研究計画」の責任者であるジェイ.M. グールドとベンジャミン A. ゴールドマンは共著「死にいたる虚構 国家による低線量放射線の隠蔽」(1994年 肥田舜太郎ほか訳)において、以下のような指摘をしている。
 広島原爆の経験に基づく高線量域から外挿した(機械的に当てはめた)線量反応関係(被爆線量の増加に応じて、被害が増加する相関性)に基いて、フォールアウト(放射性降下物)や原子力施設の放射能漏れによる低線量の危険は過小評価され無視することができるほど小さいと信じられてきた。しかし医療被曝や原爆爆発のような高線量被曝の影響は、まず最初に、細胞中のDNAに向けられ、その障害は酵素によって効果的に修復されるが、この過程は、極低線量での障害に主として関与するフリーラジカル(遊離基)の間接的、免疫障害的な機序とは全く異なっている。このことは、チェルノブイリ原発の事故後のミルク中のヨウ素131被曝による死亡率が、ヨウ素131のレベルが100pCi 以下で急激に上昇しているのに、高線量レベルになると増加率が平坦になってしまうことから裏付けられた。チェルノブイリの経験から言えば、この過程は最も感受性のある人々に対する低線量被曝の影響を1000分の1に過小評価していることを示している。
 チェルノブイリ事故以後の健康統計から計算すれば、低線量の線量反応曲線は、低線量域で急峻なカーブの立ち上がりを示す上方に凸の曲線又は対数曲線であり、線量反応関係の対数カーブは、べトカウ博士らが行った1971年の放射線誘発フリーラジカルの細胞膜障害の実験結果と一致する。低線量放射線による慢性的な被曝は、同時には、ほんのわずかなフリーラジカルが作られうるだけであり、これらのフリーラジカルは血液細胞の細胞膜に非常に効率よく到達し、透過する。そして非常に少量の放射線の吸収にもかかわらず、免疫系全体の統合性に障害を与える。それと対照的に、瞬間的で強い放射線被曝は、大量のフリーラジカルを生成し、そのため互いにぶつかり合って、無害な普通の酸素分子になってしまうため、かえって細胞膜への障害は少ない。
 チャールズ・ワルドレンンと共同研究者たちも、極めて低い線量の放射線の場合、高線量を用いた通常の方法やエックス線装置からの瞬間照射よりも200倍も効果的に突然変異が生じることを発見した(体内摂取されたベータ線による持続的な被曝は、外部からのエックス線瞬間被曝に比べて細胞膜への障害が千倍も強い。)。彼らのデータは、線量反応曲線は直線であり、低線量の影響についても高線量のデータによる直線の延長線上で評価することができるとしてきた伝統的な化学的ドグマと対立している。
 ストロンチウム90は、化学的にはカルシウムに似ているため、成長する乳幼児、小児、思春期の男女の骨髄の中に濃縮される。一度骨中に入ると、免疫担当細胞が作られる骨髄に対し、低線量で何年にもわたって放射線を照射し続ける。ストック博士と彼の協力者は、1968年、オスローがん病院で、わずか10〜20mradの少線量のエックス線がおそらくフリーラジカル酸素の産生を通じて骨髄造血細胞にはっきりした障害を作り出すことを初めて発見した。
 このことが、直接的には遺伝子を傷つけ、間接的にはがん細胞を見つけて殺す免疫の機能を弱め、骨肉腫、白血病その他の悪性腫瘍の発育を導く。ストロンチウム90などによる体内のベータ線被曝で最も効率よく生産されるフリーラジカル酸素は、低比重コレステロールを酸化して動脈に沈着しやすくし血流を阻害して心臓発作を誘導すると考えられており、発がん性と同様に冠動脈心疾患の一要因なのかもしれない。
 
  List
  この記事は 250085 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_250148
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
284748 長期間の低線量被曝は、原爆被害者を超える発がんリスク。 石橋創 13/12/03 PM07
256137 肥田舜太郎さん講演「内部被ばくがもたらすもの」 太刀川省治 11/08/28 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp