地震・噴火・気象
249953 4/17なんでや劇場(4) 地球内部は巨大な天然原子炉
 
冨田彰男 ( 47 兵庫 経営管理 ) 11/04/21 PM00 【印刷用へ
●では、地震はどうして起きるのか?

次のような段階を踏んで追求してゆく。

@まず、地球の内部にある核(内核・外核)はどうなっているのか?
Aその回りのマントルがどうなっているのか?
マントルは3000kmの厚さがあるが、地表から100〜200kmが一番溶けているのは何故か?そこが問題の焦点となる。
Bマントルを下から上へ、さらには横へと通じる熱の道は、どのようにして出来てきたのか?
Cその上で、プレートそのものや日本列島やヒマラヤはどのようにしてできたのか?
D最後に、地球の地表面〜100kmはどうなっているのか?

●地球の内部にある核(内核・外核)はどうなっているのか?
○資料:【図1】「マントルトモグラフィの技術で明らかになった地球内部」リンク

地球の内部構造は、中心に半径3000kmの核(内核と外核)があり、その周りを厚さ3000kmのマントルが取り巻き、その外側に厚さ100kmの地殻がある。外核は5000〜6000度という高温でドロドロに溶けており、この熱は核分裂によって生じているというのが、現在の仮説である。

深刻な状況に陥っている福島原発問題を合わせて、核分裂を定義しておく。

放射性物質は、重く(分子量が大きく)不安定であるため、自然に核分裂を起こし別の物質に変わってゆく(「分裂」という概念を使うと、核爆発をイメージさせ原発屋にとって都合が悪いので「崩壊」という概念を使っているが、これは誤魔化しに他ならない)。

核分裂には、自然分裂と連続分裂の2つがある。
自然状態で起きる核分裂は単独の原子が分裂する(これを自然分裂と呼ぶ)。それだけでも大きなエネルギーを放出するが、福島原発のように、原発の底の方に放射性物質が山盛りになっている場合、それぞれの放射性物質が放っておいても自然分裂を始め、温度が上がってゆき、比較的短時間で超高温になって溶けだしてゆく。そうなると次々と中性子が隣接する原子に当たり連続分裂が始まる。福島原発は既に連続分裂に入っていると見た方がよい。

但し、自然分裂と連続分裂は繋がっている。原発屋は「臨界」という概念を使うが、それは自然分裂と連続分裂の境目を制御しながら熱エネルギーを取り出そうとするから。

地球の外核は数十億年に亙って5000〜6000度もの温度で溶けているわけだから、外核は自然分裂ではなく、原爆や原子炉と同じく超高温下で核分裂が連続して起きる連続分裂をしていると考えられる。そういう意味で、地球全体が天然の巨大な原子炉と言える。

☆放射性物質は、マントルや地表部分にも存在しているはず(実際に核燃料として採掘している)。局所的に分布している放射性物質が自然崩壊することで温度が上がり、それがスイッチとなって隣接する放射性物質が連続分裂している所もあるはずで、それが地球全体の熱源の一つとなっていると考えられる。放射性物質は、深さによってどういう分布になっているのか?(調査課題)

☆天然原子炉である地球の中心にある内核が固体というのは本当か? 事実であるとしたら何故か? 地球の最中心部にあって高圧なので融点が高いというのが定説であるが、これも証明されたわけではない。
 
List
  この記事は 249942 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_249953
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
261511 地球中心部の物質とは?内核は、本当に固体なのか? 山田純子 12/02/18 PM09
261289 地球のコア内部が超高温を保ち、地球磁場を発生させているのは?〜「地球の分離二重自転構造」 麻丘東出 12/02/10 PM10
251170 【地震理論】地球の構造〜放射性物質の分布はどうなっているのか? 橋口健一 11/05/10 PM07
【3.11東北沖地震のメカニズムを解明する】1地球の構造 「路上で世直し なんで屋【関西】」 11/04/30 PM03
4/17なんでや劇場(4) 地球内部は巨大な天然原子炉 「日本を守るのに右も左もない」 11/04/27 AM08
250175 地震と火山を呼ぶ【熱の道】と自然の豊かさ=厳しさとグレートジャーニー【モンゴロイドの道】について 彗星 11/04/24 PM06
249954 4/17なんでや劇場(5) マントル内部で電子レンジ状態⇒熱の通り道ができる 冨田彰男 11/04/21 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp