暴走する悪徳エリートの所業
248256 アルファ(α)線はなんで危険なのか
 
大西敏博 ( 50歳代 和歌山 会社員 ) 11/03/30 AM00 【印刷用へ
プルトニウムは、人類が初めて作り出した放射性核種であり、かつて人類が遭遇した物質のうちでも最高の毒性を持つとされる。その理由は、プルトニウムがアルファ(α)線を放出するためと言われています。

生きるって素晴らしい(リンク )より

==================================================================

高い運動エネルギーをもって流れる物質粒子(イオン・電子・中性子・陽子などで、粒子放射線と言う)と、高エネルギーの電磁波、すなわちきわめて波長の短い電磁波(γ線、X線を指し、通常は紫外線を含めない。電磁放射線と言う)を総称して放射線と呼ぶ。
普通電離放射線の名で定義され、電離放射線とは、物質を通過する際に直接あるいは間接にその物質の原子を電離する能力をもつ放射線である。

 つまり、粒々の粒子放射線(アルファ線・ベータ線・中性子線)と高エネルギーの電磁放射線(ガンマ線)をひっくるめて放射線と呼び、放射線は原子と原子が手をつないでいる(分子)状態を引き離してしまうということです。

α(アルファ)線:放射性物質からヘリウムの原子核と同じものが飛び出すものです。言い方としてアルファ崩壊(壊変)と言ったりします。
陽子が2個 と中性子が2個、アルファ線を出すと質量は4減ることになります。
陽子が減るということは、原子の周期律表で二つ左側にずれますから化学的性質も異なってしまいます。
ヘリウムの原子核と同じもので、大きなものですから遠くへは飛びません。
紙1枚で遮蔽できます。
逆にいうとアルファ線は検知しにくいことになります。
放射線とは高い運動エネルギーを持って流れる物質粒子または高エネルギーの電磁波と定義されています。
アルファ線は高い運動エネルギーを持って流れる物質粒子です。
そのエネルギーを極めて近い距離の物質に全てぶっつけてしまいますから、人体にアルファ線核種を取り込んだ場合は大変です。
アルファ線を出す放射性物質の粒子の周りには、いわゆるホットパーティクルができます。
 細胞は多くの化学物質(分子)でできており、その化学物質の結合は電気的な結合で非常に弱いものです。
細胞を小さな街に例えれば、そこに大砲をぶっ放す無法者が乱入するわけですから被害は甚大です。
しかも、その被害が外部からは検出しにくいので、さらに厄介です。

非常に弱い電気的な結合でつながっているものを、ブツブツに切られた(電気的結合を離すので電離といわれます)細胞は、自己修復機能で細胞を維持修復できる事もあれば、細胞を維 持できなくなり細胞が死ぬこともあります。
機能を維持していても狂ったりします。
下手に機能を維持した状態で、自己の細胞の誤りを完全に修復できないのに細胞が生き残っていたりすると、間違った設計図にしたがって細胞が異常増殖しガン細胞となることもあります。

==================================================================
 
List
  この記事は 247865 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_248256
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
250409 放射線の基本的なしくみについて なんのき 11/04/27 PM04

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp