学者とマスコミはグルで頭脳支配
247671 福島原発 どうすれば良いか その1
 
匿名希望 11/03/22 AM00 【印刷用へ
武田邦彦 原発 緊急情報(22)リンクより転載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
少し状態が見えてきましたので、関東地方から東北の南部に住む人がどうしたらいいのかいうことを整理しました。今のところで生活をしても良いのか、汚染されたものを食べて良いのか、何時、逃げなければならないのかを数値で示します。

1回で整理できないと思いますので、その1では「どのくらいの放射線まで大丈夫か」を、ほうれん草のような内部被曝(体内)を入れて整理をしました。

“その2”では地域ごとの被曝量を示す予定ですが、明日の朝になると思います。

この整理はわたくしが個人でしたものであり、家庭のお父さんが家族のことを心配して計算したというようにとらえてください。

わたくしとしては誠心誠意やっていますが、人間のやることですから計算間違いなどもあると思いますので、基本的には読者の方が自分でチェックしていただければと思います。
・・・・・・・・・
まず第1に表を示しました。

この表で最もポイントになるのは、原子力基本法に基づいて作られた放射線障害の法律の下にある放射線障害防止規則によっています。
(クリックしたら大きく見えるはずです)

放射線障害防止規則は長い間使われてきた規則で放射線を取り扱う仕事に就いている人の健康を守るためのものです。

今回は、福島原発の事故では、いわば無理やり被曝しているケースですが、放射線に関する仕事をしている人も、無理やり被曝してしまった人も同じ人間ですから。健康を守るという点では同じ数値が基準として使えると考えました。

表の1行目の一般人の目安は共通的に言われているものです。

2行目の管理区域の数値は、個人というよりもむしろ職場とか自治体がやらなければならないことです

つまり、0.6μS/hを越える怖れのあるところは、職場や自治体が管理区域を設定し、その人の被曝した記録をとることと、健康診断をすることが求められています。

また、新たに男性、女性、それに妊婦の内部被曝、つまりホウレンソウ等を食べた時の体内の被爆の限度を示しています。「限度」ですから、法律的にはこれ以上、被曝させると管理者の罪になる数値です。

女性は妊娠しているかどうか一般的にはすぐわかりませんので、女性作業員は妊娠している可能性のある人を取っています。小さい子供もこれに準じて良いでしょう.

またここではテレビの専門家がこの程度なら安全だと言っている数値を掲げました。

わたくしはこのような数字には法律的な根拠はなく、個人的な判断だと思いますが、ほとんどのテレビに出る専門家が口をそろえて言っていますので、ここに示しておきました。

そうすると、体の外からの場合、一般人より少し高めの数字が現実的と思いますので、男性は5.7、女性は1.4が限度とすると良いと思います、食品からなら妊婦で0.2ということが判ります.

これに対してテレビの専門家は100ミリシーベルトが限界とされていて、その期間がハッキリしませんが、ここでは1ヶ月で100ミリシーベルトとしました。

ちなみに、「規制値」の列の単位はmSがミリシーベルト、yは年、mは月で、たとえば3mは3ヶ月を示しています。

福島県にある職場や自治体は、もし0.6μS/hを越えるような怖れのある地域なら早期に「管理区域」を設置し、そこにいる人の被曝を測定するためのフィルムバッチを配り、健康診断の準備をしなければなりません。

(続きあり。明日にはアップする予定です.表だけは作りましたので、下に示しますが、解説は明日になります。クリックしたら大きく見えるはずです.)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上です。(図表はリンク先をご参照ください)
 
List
  この記事は 247662 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247671
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
247683 福島原発 どうすれば良いか その1(追記版) 匿名希望 11/03/22 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp