原発
247662 法律の数字は目安?
 
匿名希望 11/03/21 PM10 【印刷用へ
武田邦彦 「原発 真面目な話です  わかりやすいので」リンクより転載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(ある読者からのご提案を受けて)

「(放射線が基準以上でも )直ちに健康に影響はありません」

「(タバコを吸っても   )直ちに健康に影響はありません」

「(発がん性食品を食べても)直ちに健康に影響はありません」

・・・直ちに影響がなければOK??

「(法律で1ミリと決まっていますが?)それは単なる目安です」

「(法律で制限速度が50キロですが?)それは単なる目安です」

「(法律で18才以下は禁煙ですが ?)それは単なる目安です」

・・・法律の数字は目安?

トリックがわかりやすいですね。それでも、主要メディアと専門家は同じ事を繰り返しています.詭弁にめげず、私たちは自分たちで守りましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以上です。
 
List
  この記事は 247621 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247662
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
原発問題から見える特権階級・近代科学の問題性5 〜法律や基準は誰を守るためものか〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/05/29 PM09
251673 『枠組思考』から脱却できない特権階級 匿名希望 11/05/19 PM10
248139 放射性物質の拡散状況や、原発事故に対する対応方法とその問題【目次】 たっぴ 11/03/28 PM07
247704 法律はすでに役に立たないどころか、私たちを「がんじがらめ」にしている。 SSS 11/03/22 PM03
247699 放射能被害隠す国とマスコミ、1カ月で白血病の危険も〜武田邦彦中部大学教授の発言@ 猛獣王S 11/03/22 PM02
247671 福島原発 どうすれば良いか その1 匿名希望 11/03/22 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp