日本人の起源(縄文・弥生・大和)
24726 大量渡来か少数渡来か(2)
 
岡本誠 ( 47 兵庫 経営管理 ) 02/02/22 PM10 【印刷用へ
 九州大学中橋孝博教授は、水稲耕作が最初に持ち込まれた北部九州の人口シミュレーションから、少数渡来でも人口逆転が起きることを実証されています。北部九州では、2500年ないし2400年前、日本で最初に水稲がもたらされて以降、わずか200〜300年後の弥生中期には渡来系住民が80%にまで達します。それまでまばらでしかなかった遺跡の数が急に増え始め、沿岸平野部さらには河川の上流部や内陸の丘陵部をも切り開いて進出していきます。尚、この時期(弥生中期)渡来系対縄文系の戦いではなく、渡来系住民の間で戦いの痕跡が急増します。そして、2300年前には北部九州から東へ拡散を始めます。

 人口シミュレーションの結果は以下のようです。縄文系住人と渡来系住人が住み分けて、お互い遺伝的な交流はなかったとする最も単純なモデルにおいて、縄文系住人の人口増加率を0.1%とした場合、渡来系の人々が最初に10%の比率で来た(つまり縄文系100人の住むところに10人の渡来人が来た)場合は年率1.3%で、また最初0.1%の比率で来た場合は年率2.9%で人口増加すれば、300年後に80%の比率に達します。

 縄文系住人の人口増加率0.1%は、狩猟・採集民としては高目の設定で、実態はマイナスになることも珍しくない(縄文晩期はマイナスであった)。渡来系の1.3%ないし2.9%という増加率も、初期農耕民としては特に不自然なほど高い数値というわけではない(農耕社会への移行期は急激な人口増加が起きることが世界各地で報告されている)。初期に一度だけの渡来としているが、実際は何波にもわたった渡来があり、さらに鈴木隆雄氏が指摘するような渡来人が新たに持ち込んだ疫病によるダメージ等の可能性も考慮すると、1%以下の増加率でも十分人口比の逆転現象は起きたのではなかろうか。

 遺跡からは縄文系と弥生系の土器の両方が出土する事実から、混血集落でもシミュレーションすると、最初10%の比率で来た場合の渡来系の増加率は2%で、300年後80%になります。尚、男性は全て渡来系で、女性は混合とした場合、女性の中に含まれる縄文系の割合が85%という高率でも問題ないという結果になり、この男性主体の渡来モデルはより実態に即している可能性があります。

 いずれにしろ少数の渡来人でも高い人口増加率によって、短期間で地域住民の多数を占めるに至ることは可能であり、遺伝子構成および考古学的事実双方を整合させうる有力な解釈と考えられます。
 
List
  この記事は 24400 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24726
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
258653 歴史人口学から日本人の起源に迫る!より1 月読尊 11/11/14 PM03
25049 弥生解明にあたっての問題意識 平野令 02/02/26 PM10
24959 渡来人の出自(1) 橋口健一 02/02/26 AM00
24852 「和の精神」と「和の思想」 井上宏 02/02/24 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp