アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
247250 阪神大震災にはあまりにも謎が多い〜人工地震は地下核実験と同じで難しいことではない
 
猛獣王S ( 不惑 東京 営業 ) 11/03/16 AM08 【印刷用へ
『阪神大震災にはあまりにも謎が多い』リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
 〜前略〜

浅い直下型地震と言っても一○キロ、一万メートルと言う距離を掘らなければならない。それはよほど大きな工事であり、何か大きなプロジェクトがなければ怪しまれる。ところが今度の場合、明石海峡であった。それは本四架橋工事が行われている現場である。私はこの工事に外国の企業が参加しているかどうかを調べてもらった。すると確かに本四架橋工事には外国の企業が参加しているとの事だった。もちろん明石海峡の工事にその企業が参加しているかどうかまでは判らなかった。そんな事を考えていた二月四日、テレビが日本で温泉を掘るのに外国の石油掘削会社と契約し、わずか一二日間で一五○○メートル掘ってあっさりと温泉を掘り当てるという番組に遭遇した。

地元の業者は何力月もかけても成功率は悪い、そんな短期間では絶対出来ないと言っていたので、そのテクノロジーの差をまざまざと見た思いであった。一二日間で一五○○メートルなら一万メートルでも三力月もあれば十分だろう。それに実は3〜4000mでもいいのかもしれないし案外簡単な工事かもしれないと思った。人工地震と間いて驚かれる方が多いが、地下核実験と同じことで特別難しいことではない。穴を掘ってそこで爆発させるだけのことだ。何百回も実験済みである。日本は恐らく三度目の核攻撃を受けたのである。

今、盛んに建物の耐震基準の見直しが叫ばれているが、そんな事は無駄
な事だと思う。自然の地震と人工地震の見分け方と、そのつもりなら核爆発耐久基準でも採用することだ。実はこの地震が人工であるかどうかを判定するのは極めて簡単な事である。震源地近くの海水か断層の近くの放射能を測定すればいいのである。核爆発なら恐らく自然界にはない放射能を検出する事が出来る。しかし、いかんせん私にはそのような調査をする力はなかった。だからこれはあくまで私の単なる推測に過ぎない。しかし、奇妙な事に、この地震の約一力月前に神戸近辺の外国人が大量に日本から出国したと言う情報がある。確かに神戸には多くの外国人がいたはずなのに、テレビや新聞の報道にはほとんど外国人特に白人の避難民が出てこないのは不思議ではないか。

さらに地震の数日前に世界的に有名な発明家や、ある宗教団体が予言をしていたというのである。彼らはどこからかそのような債報を得ていたのではないだろうか。そして、関西あるいはもっと広範な海岸地帯から立ち退くように勧告されていたのではないだろうか。実はこのような不確実な推測で語るには勇気がいる。またしてもおかしな牧師。ほら吹き。デマゴーグと言われるかもしれないからである。しかし、あえて書くのはもう一度、起こる可能性があるからである。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
List
  この記事は 247223 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_247250
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
247434 人為的な地震が発生する主な原因5つ 猛獣王S 11/03/18 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp