実現論を塗り重ねてゆく
245780 僕が最近思うこと。(前からかもしれない)
 
SSS ( 18 大阪 学生 ) 11/02/16 AM08 【印刷用へ
うーん、これはメンバーの方(ネットサロンの)にメールでも書いたことなんですが、正直、このなんでや劇場レポート(成果品)の内容然り、それに沿った追求をした投稿然り、出された課題に沿った投稿然り、(読んだり充足したりする上で)付いていけない、、、。というのが感想です。

この数日間、ずっと人類史(そんなカテゴリーがあるのかどうかすら僕にはちょっと不安なんですがこういう表現で)に関する本を初めて読みましたが、そこで気づいたのは(今更ですが)あり得ないくらいに専門性の高い分野であるということです。レポートの単語一つの表面的な意味一つ取るのに本一冊消化しないと分からなかったり(笑)←本当はそんなこと必要ありませんが、ここで言いたいのはどれだけレベルの高いことを皆さんがされているか、ということです。完全に高校生のレベルを超えているし大学専門課程でも怪しい。これは以前の生物史追求でも同様のことが言えたのでしょう。

また、初めて学ぶ人間にとって多くの歴史事実関係の投稿がちんぷんかんぷんなのはなぜそれが言えるのか?というなんで?の部分が書かれていないことが多いからです。何年頃にこういうことが起きただろう、もしくは起きた、と言われてもその根拠が書かれていないと頭が受け付けない。また書かれいたとしてもそれがせめてワンテーマごとの他の事実との関連性があれば助かるんですがブツン、ブツンと切れていたりして繋がりも把握出来ない。ちょっとしんどい。というか大分。分かる人には分かるんでしょうけど。

もちろんみんなに「要求」しているのではありません。「俺に分かるように説明しろや!」とは全然。僕もこの分野のことを調査して♪とか言われたら絶対したいし、追求をして役に立ちたいし、なんでや劇場でも自分が追求したことについて発言もしたい。けれど全然分からなくって、、、。



なんでいきなりこういう難しい話から始めるんだろうって。色々モヤモヤが大きくなっているところです。僕から言わせればなんでや劇場で扱われていることはすごい可能性のあることだから(なんで歴史の追究をしているのかもちゃんと分かるし)重いとか軽いとかそんな次元ではないはずなので、こんな徒労感は本来感じないはずなんです。なんかみんなで追求している感じがしない。というのはたぶん僕が悲観しているからなのかもしれないですけど。



えっと、人類史の勉強を二日間(火曜日はもうしんどくって挫折)12時間ほどやって分かったのはー。


まず人類が誕生したのはどうもアフリカらしい。その根拠は単純に最古の人類(と分類されるもの)がアフリカで出土しているから。また、他の地域でその骨よりも昔に遡れないことからアフリカから出発したのではないか、という仮説が十分成り立つこと。(であってますか汗)
人類がなぜ移動したのか、その原動力はというと、生物にとって安全な場所にいるのが一番安全だが、地球環境は一定ではないため必然的に移動は必要。またその経路も温暖期、氷河期などを考慮に入れれば(動物などを食物連鎖的に追って行けば)自然に北に行ったり南に行ったりすることになる。しばらくはアフリカ地方を右に左に行っていた人類もやがてヨーロッパへ北上。後は巨大な大陸(ユーラシア)へと拡大。(これは出アフリカ説っぽいニュアンスで)

これとは関係ないというか話が飛びますが、大昔の文明でも他の文明と交流がちゃんとあったのは驚き。そしてこの貿易は東、西の方向に伝わりやすかったと言うこと。気象上似通っているから。文明の伝達は北や南よりも東、西の方が伝わるんだなぁという気づき。
旧人とか新人とかって人類の発達段階を表したものだけど、自分の中では時間軸で捉えていて、旧人の時代、新人の時代とかって勝手に考えていたが、旧人が居たときに原人とか色々、人類の種類がごちゃまぜになってたんだな、というのも気づき。


分かったことはこれくらいです。後にもいくつか、、、ということではありません。分かったことを全て書きました。これでお気づきかもしれませんが、こんな状態で月一で劇場の追求のお役に立てるのかなって(汗)

みんな、勉強とかってどうしてるんだろう。みんな話分かるのかな?分からない人が多くいるのだとしたら劇場で追求してる意味って??

色々気になりました。
 
List
  この記事は 245329 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_245780
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp