素人による創造
244957 企業でも地域共同体でもない、「共同体企業」の勃興とは?
 
小西良明 ( 会社員 ) 11/01/31 PM09 【印刷用へ
私権時代から共認時代へと大転換した」という認識が出てから半年以上が経過した。かつてメジャーだった私権統合型の企業が凋落する一方で、共同体企業である類グループを始め、共同体的性質を持つ企業の勃興が著しい。

共同体への回帰という潮流は、貧困が消滅した1970年代から徐々に顕在化していたが、地域共同体が活性化しているようにはあまり見えない。つまり、多くの人が共同体に惹かれる現在でも、地域に回帰するわけではないということになる。

企業でも地域共同体でもなく、企業の共同体化という新しい道を進み始めた理由は何なのか?

端的に言えば、

(私権)企業に不足しているもの:安定基盤
地域共同体に不足しているもの:闘争課題
⇒両方を包摂した共同体企業への収束

ではないだろうか?

「安定基盤」とは、その集団に所属する人間同士が共認を重ねることで得られる充足の基盤を指す。ダマシ合い、誤魔化しが横行する私権統合型企業では、金銭的安定は一定得られても、満足できるほどの共認充足は構造的に得られない。

一方、地域共同体には安定基盤が存在する。だから私権闘争に違和感を感じる人間にとって魅力的に映る。ただ、充足空間を作り出すことまでは可能だが、逆にそこで満足しきってその空間に篭ってしまうという現象が生じる。結果として閉塞的になってしまい、社会をどうするという意識が芽生えず(≒自分達が良ければよい)、排他的(≒充足を妨げる者は除外する)になって盛り上がらない。

このような地域共同体に欠けているのは「闘争課題」だと言える。すなわち外圧が無い状態であり、競って評価を獲得するという軸がなければ、地域全体で何かを成し遂げようという活力が湧いてこない。活力のない集団に人が集まってくることはないため、例え行政が地域活性化を謳っても空振りに終わることになる。

かつては「貧困との闘争」という集団課題が存在していたため、地域共同体は生産と生活を包摂した集団として成立していた。しかし戦後以降の私権追求の拡大(アメリカ型物質的豊かさへの憧れ・個人主義の蔓延)によって個々の自我が肥大したため、地域共同体は解体されていった。

そして現在、貧困の消滅・経済の失速によって私権への収束が衰弱したことで、再び共認充足への欠乏が高まってきている。ただし現実の問題(生活資金の必要性etc)や意識転換の未発生(認識の欠如)等の理由から、まだ私権企業に向かう流れも存在する。地域共同体に収束する人もいるにはいるが、どこかしら「社会からの隔絶」感を伴うケースが多い。共通するのは「とりあえずの安定・充足」であり、活力に欠ける宙ぶらりんの状態を続けているのが現状ではないだろうか(244853など)。

社会の変化に鋭敏な層は「企業の共同体化」に舵を切り始めている。充足基盤と闘争課題を包摂した集団が最も活力に溢れるからこそ、注目を集め、実際に勝つようになった。

過去への回帰ではない、新しい道としての「共同体企業」。
このような企業が増え、真っ当な判断軸による評価を競う同類闘争を通じて高め合うことによって、社会は統合されていくのではないか。
 
List
  この記事は 233908 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_244957
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
254756 『日本的経営への招待』というHPの紹介です。 向芳孝 11/07/24 PM11
254703 仕事の活力源は、私権充足から共認充足に大きく転換している 阿部和雄 11/07/23 AM08
254617 企業を共同体化する上での切り口 〜自己収束性の低い共同体的企業の事例〜 春風 11/07/21 AM00
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」3〜男性生産人口の急減→これからは女性の戦力化が必須〜 「これからは探求の時代」 11/04/09 PM11
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜 「これからは探求の時代」 11/02/11 PM08
市場縮小の深層:1「三食昼寝付きの永久就職?」 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/02/05 PM11
新しい家族の形 「感謝の心を育むには」 11/02/02 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp