実現論を塗り重ねてゆく
242960 「日本語と琉球語」「日本語と朝鮮語」
 
新聞会 10/12/28 AM02 【印刷用へ
国際戦略コラムリンクより転載します。
-----------------------------------------------------------------
「日本語と琉球語」、
菊地正

 言語学者の安本美典氏によれば、『琉球語は、およそ、千七百年
程度昔に、南九州から南下した言語とみてよいようである。このよ
うなことは、最近の、言語年代学および語彙統計学の成果からかな
りな確からしさで言えることである。

……琉球語と日本語とが同系の姉妹語であることを、最初に科学的
に論証したのは、イギリスの言語学者チェンバレン(1850-1935)で
ある。チェンバレンは「アジア協会会報」23巻(1884刊)の付録に
琉球語についての論文を発表した。(チェンバレンは東京帝国大学
の教授となり、「古事記」を英訳した。)チェンバレンは、琉球語
が、奈良時代以前に分かれた日本語の姉妹語であることを確証した。

日本語=琉球語同祖説は、伊波普猷、服部四郎らの比較研究によって
、さらに確固たるものとなった。……いま日本語と同系であること
が認められている唯一の言語、琉球語を取り上げてみよう。……
日本語と琉球語では母音についても子音においてもこのように規則
正しい対応がみいだされる(音韻対応の法則)……』。

 『……すでに、かって、日本語と朝鮮語との関係を深く追求した
東洋史学者、白鳥庫吉は、後に、およそ次のようにのべて、慨嘆し
ている。「私は、かって、日本語と朝鮮語との間には、かならず密
接な関係があるはずだと信じていたので、多年にわたって、この二
つの言語の比較研究にしたがい、それによって、一般の人々の期待
にこたえうるほどの結果をおさめようとつとめた。

しかし、事実は予想に反し、研究を進めるにしたがって、この二つ
の言語の関係は、疎遠なものであり、はじめに期待していたような
親密なものではないことを感じるようになった。」(「白鳥庫吉全
集」第二巻岩波書店刊)……また、金田一京助の「国語史系統論」
では、言語学者金沢庄三郎の日韓同系論を、次のように的確に批判
している。

「古今の語辞、死語、廃語に至るまで、細大漏らさず、砂中に金を
拾うような、それは精緻をきわめる比較である。ただし、それほど
精細な比較をもってしても、なおかつ一致する語彙が、この程度に
とどまるということは、案外、朝鮮語と日本語との距離は相当なも
のではないかという印象を受けると評する外人もあった。」……東
京大学の言語学者服部四郎は、日本語と朝鮮語との距離を、言語年
代学的方法で測定し、日本語と朝鮮語とは、“かりに“、同じ源か
ら分裂したと仮定しても、その分裂の時期は、六千年以上まえ(最
下限は、四千七百年まえ)ていどの縄文時代となることを算出して
い る(「日本語の系統」岩波書店刊)。

私も、言語年代学とは異なる原理による語彙統計学的な方法で、日
本語と朝鮮語との距離を測定し、やはり、日本語と朝鮮語とは、
‘’かりに‘’、同じ源から分裂したと仮定しても、その分裂の時
期は、五千年以上まえになるという結果をだしている(「日本語の
起源を探る」1985年PHP刊)。』

 『……金沢大学の言語学者松本克己氏によれば、日本語は、類型
論的(文法)に見るかぎり、世界にもっとも仲間の多い、きわめて
平均的かつ標準的な言語であるという。言語の世界で特異な位置を
しめるのは、むしろ、西洋の近代諸語であるという。(私は本を読
む。I read a book.我 読 書、日本語のような語
順は世界の1181の言語中過半数の592言語がしめる。また、使用人口
からいっても多数派を占める。) ……』安本美典著「研究史日本
語の起源」より。
==============================
「日本語と朝鮮語」
菊地正

アメリカの言語学者スワディッシュ(1905-1967)は、どのような人
類集団でも、それにあたる語を持っているようなもの200語を選び、
それを、「基礎語彙」と定めている。「古事記」上巻において、音
で記されていることばで、スワディシュの「基礎語彙」に含まれて
いる語を「現代日本語」「現代朝鮮語」「中期朝鮮語」で比較すると。

「現代日本語」と「古事記」上巻のことばが、やはり「基礎語彙」
においては、殆ど変わらない形をしているものの多いことがわかる。
そして朝鮮語が日本語とは、そうとうに異なっていることもわかる。
日本語と朝鮮語の一致率は、かなり多めにみても、11パーセントて
いどにすぎない(朝鮮語と日本語とが近いという議論の多くは、こ
のように、似ている語だけをとくにとりだしているのである。)英
語とドイツ語とは、だいたい今から2000年ていどまえに分裂したと
してよいであろうが英語とドイツ語のばあい、「基礎語彙」の一致
率は、半分程度を占め、朝鮮語と日本語とのばあいとは、事情が非
常に異なっている。……

現代朝鮮語は、南朝鮮の、韓族のたてた国のひとつ、新羅の言語が
母体となっている。もし、西暦紀元後という新しい時期に、日本列
島が、朝鮮半島と同じく、南朝鮮勢力によって統一されたものであ
るならば、ほぼ同一の過程をへて成立したこの両国の言語は、そう
とうに近いものでなければならない。最近、応神天皇は、新王朝の
始祖で、朝鮮から侵入した人ではないかとの説も説かれている。こ
の場合も、両国の言語は、近くなるはずであろう。しかし、事実は
、それに反している。

私は、天皇家の出自が、朝鮮半島であるとする多くの見解には、疑
問をもつ。日本人の核をなす民族は、おそらくは、大陸から渡って
きたのであろうが、それは、天皇家の発生よりも、ずっと古い時代
のことであったと思うのである。

フィンランド人やハンガリー人は、その故郷をウラル地帯に持つ。
現在混血によって、そうとうに西欧化しているにもかかわらず、言
語は、ヨーロッパ語とは、はっきり異なっており、もとのウラル系
フィン・ウゴル語族に属する言語を使用している。もし、朝鮮から
きた勢力が、比較的新しい時期に日本を統一したのであれば、それ
に近い現象がおきるはずではないだろうか。
安本美典著「邪馬台国と高天原伝承」より。
------------------------------------------------------------
以上です。
 
List
  この記事は 242652 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_242960
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
288438 現代沖縄の言葉は大和古語(平安時代の言葉) funikura arch 14/03/18 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp