西洋医療と東洋医療
24242 食べる側の権利
 
西田栄喜 ( 32歳 石川 農業 ) 02/02/18 AM09 【印刷用へ
このところ「安ければ、それでいいのか!?」(コモンズ出版)「あぶない野菜」(めこん出版)をたて続きに読みました。どちらもグローバル化、とりわけ輸入食糧について書いてあるのですが、現代の怪談話だな〜と恐ろしくなりました。そしてまた同時に今、自分のしている「農」に対して自信が持ててきました。

「安全」「環境」「関わり」がこれから不可欠になってくるのではないでしょうか?これは「安全」=無農薬、「環境」=化石エネルギーを使わない、「関わり」=直売と、直結的なこれ以外許しませんというものではありません。しかしこの3点を目指すか目指さないかによって大きく違ってくると思います。

農業が工業や衣料と違うのは人が直接口に入れるものを育てているということです。そして先進国と呼ばれている国で日本ほど食べる側の人権が蹂躙されている国もないと思います。

農業が「業」である以上、食べてくれる人がいないことには成り立ちません。そして前述した通り、直接口に入れるものである以上、農家だけの考え方では成り立っていかないよう思います。

人は基本的に保守的だと思います。とりわけ農業がそうだと思います。同じ農業仲間が「安全」「環境」「関わり」を話してもなかなか変わりません。なぜならそれを受け入れる事は今までのやり方が間違っていたと認める事だからです。

しかし生き残りをかけている今だからこそ、食べている側の意見を受け入れる必要は出てきたよう思います。もちろんその方法は双方向である必要はあると思います。

そう考えるとこの会議室で話されている事は非常に有効だと思います。「机上の空論」などと卑下する必要もないと思います。これまで農業というと「食」そのものを介在して成り立っているという考え方でした。

しかしこの会議室で「屋上農園」「観交農園」など農業の新しい可能性を気付かせてもらいました。

ある人が「買い物は投票である」と言ってました。この言葉には色々な意味もあると思いますが、農家だけでなく買う人、食べる人もその意識が必要かと思います。またそこには正しい情報が不可欠かとも思います。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24242
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
212281 農薬の使用が減少していく次代 2U 09/08/06 AM00
175465 安全な食品は殆どない 匿名希望 08/04/30 PM05
96766 顔が見える=期待応望の関係が築かれること 橋田和弘 05/09/03 PM03
84189 顔が見えるって何?? 鹿村幸代 05/01/18 PM10
34177 なるほど、「買い物は投票である」 大森義也 02/06/20 PM10
24732 外に向かう農業 馬場真一 02/02/22 PM10
24493 会議室で話されている事 中野剛 02/02/20 PM10
24377 農業の時代 こーよー 02/02/19 PM10
24374 「買い物は投票である」! 匿名希望 02/02/19 PM10
24355 脱私権のパラダイムとしての情報(事実)の共有 長谷暢二 02/02/19 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp