’70年貧困の消滅と私権の衰弱
24097 「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
 
西知子 ( 26 京都 秘書 ) 02/02/15 PM11 【印刷用へ
>なんだか、経済的に豊かになると人はばらばらになってしまうのかな

もっと身近なところで考えてみた。例えば、
儲かってる企業にいる人は、お互いの心がバラバラなんだろうか?
急成長してきた企業は、心の豊かさを二の次にしてんだろうか?
逆に、やりがい重視と叫ぶ若者達は、充たされ易くなったんだろうか?

ううん、そんなことない。
急成長の陰には社員の結束・やる気が必ずある。
そういう人たちは素直に、経済的に豊かになるという結果を屈託なく喜んでいるし、「経済的豊かさ(もうけ)」と「心の豊かさ(評価や関係や活力)」を一体のものとして捉えていると思う。
そこをあえて分離して「心の豊かさ」だけが強調されればされるほど、ますます心は貧弱になってるように思う。

それに、「経済的豊かさ」と「心の豊かさ」という概念フレームで思考した途端、その議論は一人でやる綱引きのようなもので、いつまで経ってもどれだけ考えても、手ごたえ(答え)のない不安や、決して均衡しない不可能視感ばかりが募ってゆく。

この、実態からの乖離と思考時の違和感。
どうもこの概念自体怪しいんじゃないかって思った。

私権に収束できず、何をすれば良いのか分からない現在の状況は、誰もが現実に生き方の選択を迫られているとも云える。(『新しい統合NW』23886より)

だから、「経済的に豊かになったから」じゃなくって「経済的豊かさは共通の目標になり得なくなったから」人はバラバラになったんだと状況を捉え直す。それだけで、それを超える次ぎの何かを探すという焦点(課題)がはっきりする。そしてその地平には、すでにいくつかの答えが存在している予感もある。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_24097
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
90911 Re:「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ 槇原賢二 05/05/17 AM11
30728 目的をとらえなおすことの重要性 林和裕 02/05/12 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp