暴走する悪徳エリートの所業
240546 マスコミの敗北
 
きっちょむ ( 大阪 ) 10/11/09 PM11 【印刷用へ
最近テレビ番組を見ていて気づいたことがある。そのネタ元の多くがネット情報になっていることだ。そして極め付けが今回の尖閣ビデオ流出ではなかろうか。
これほどネットに発信された情報がメディアを賑わせた事はないだろう。


_______________________________

街の弁護士日記 SINCE1992
リンク


尖閣ビデオの流出事件はメディアの主役がマスコミからネットへと変わった転換点として歴史に残るだろう。

マスコミがネットに敗北した。

記者クラブで発表される内容をひたすら垂れ流し、親米派や市場原理主義者の顔色をうかがい、「言いなり発表メディア」に成り下がった報いだ。


今この時点でもそうだ。

メディアにとって大事なのは、尖閣であの日あの時、何が起きたのか、真実を追求することだ。

流出元探しなど政府や一部の御用週刊誌にに任せておけばいい。

ネットは感情的だとか、日中関係に悪影響が及ぶなどという官僚的意見の垂れ流しに終始しているようでは、マスコミの明日はない。

改ざん編集された7分のビデオを、特別に許された議員だけが試聴できるなどという民主主義国家とも思えぬ密室の特権を認めるというやり口がそそもそも問題だった。

そのことを批判したマスコミがあったか。

独裁国家でもあるまい。

その非民主制がしっかり批判され、あるべき議論がなされておれば、今回の流出もなかったろう。

すべてはマスコミが権力の犬に成り下がった結果だ。

これだけ見てもマスコミがどちらを向いているか明らかだ。




小沢一郎の検察審査会問題もそうだ。

大事なことが何かさっぱりわかっていないか、わかっているから敢えて見ないようにしている。

司法の歴史の中でもあれほど策略的でいかがわしい事件は三鷹事件や松川事件までさかのぼるだろう。

どこの社が、この問題に正面から取り組んでいるか。

審査会事務局に取材をしたか、議事録の開示は求めたか。

補助員を務めた吉田弁護士に何日に何時から何時まで会議をしたか、補助員にいつ選任され、議決までに何時間費やしたか、取材をしたか。

日弁連の補助員向けのアンケートにある事項だ。

評議の秘密などでは断じてない。

そんなことすら取材していないに違いない。

事務局が回答を渋るようなら間違いなく裏がある。そう疑うのが健全なジャーナリズムだろう。

くらいつけ。検察審査会の審査員や補助員には旅費・日当が払われている。

本件でいついくら支払われているのか支払調書の提示を求めろ。ことは税金の使い道に関わるのだから、強気で攻めればいい。


今回のビデオ流出事件を受けて取材力と総合的な分析力でネットに対抗するなどと主張しているが、ちゃんちゃらおかしい。

残念ながら取材力も分析力もとっくにネットの方が上回っている。

マスコミは恥を知れ。

(後略)

_______________________________
 
List
  この記事は 240449 ブログ への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_240546
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp