思考革命:問題意識発から可能性発へ
23886 新パラダイムの点検4 物を考えない状態と物を識った状態(思考の源泉)
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/02/14 AM01 【印刷用へ
☆しかし、大多数の人々は、社会or人々の意識を対象化する必要=認識の必要に気付いていない。
●物を考えていない(or物を識らない)状態とは、(多くの人が、小中学生の頃はそうだったのではないかと思うが)家族や仲間や学校という身近な世界しか知らず、その外or他の世界を知ろうとも思わない。
これら同類圧力の中で形成された人並みの欠乏と、性格に規定された唯一の方法で、意地になって(根性だけで)もがいている状態。
●物を考えれば(or物を識れば)、一気に世界が拡がり、より効率的な方法も見つかる。何より、価値観念に導かれて本源回路が顕在化し、統合されて、強いエネルギーが生じる。
この、対象世界の拡がり(外識機能)とエネルギーの高まり(内識機能)、そして効果=充足度(方法論つまり実現回路)が、思考の引力となる。

●但し、現実の選択に迫られて物を考えた場合は、現実の欠乏etc潜在思念と直結して強い力を生み出すが、その観念エネルギーを持続させる為だけに都合の悪い現実を捨象してきた者は、単なる一人よがりで終る。言うまでも無く、現実否定の倒錯観念だったからである(旧世代の観念派に多い)。
●また’80・’90年代の一部の若者の様に、現実の選択に迫られてではなく、関係非充足から逃避する場として観念世界がある場合、心(潜在思念)は死んでおり、力は出ない。

私権に収束できず、何をすれば良いのか分からない現在の状況は、誰もが現実に生き方の選択を迫られているとも云える。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_23886
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
社会可能性の直感・・・我々は認識を武器として生きてゆけるか!シリーズ-6〜新パラダイムの点検4 物を考えない状態と物を識った状態(思考の源泉) 「日本を守るのに右も左もない」 10/01/11 PM00
222857 私権圧力に代わる圧力掴み取らないと、私たちの思考停止は続く! 谷光美紀 09/12/28 PM01
108420 価値観念について 野村徹 06/04/01 PM11
24254 『気力』について 木村友昭 02/02/18 PM09
24236 一気呵成に物を考えだす契機。 阿部紘 02/02/18 AM00
24198 不可侵な領域 中村英起 02/02/17 AM00
24159 物を考えるについて 岸良造 02/02/16 PM10
24153 世界を拡げたいという欲求 前山薫 02/02/16 PM10
24150 新たな生きる場を模索する時「認識の必要性」が生まれる 佐藤祥司 02/02/16 PM10
24099 大学教授との話から。 廣重圭一 02/02/15 PM11
24088 現状の社会活動の「虚しさ」 伊藤収 02/02/15 PM11
24087 対象世界を広げる! 村上祥典 02/02/15 PM11
24085 可能性に身をゆだねる 新川啓一 02/02/15 PM11
24060 物を考えるということ。 猪原裕子 02/02/15 PM07
24050 ゆとりある教育? 琵琶湖 02/02/15 PM02
24041 若者の選択 匿名希望 02/02/15 PM01
24035 社会が人をでなく、人が社会を創っていく。 浦野てる代 02/02/15 PM01
24025 思考のエネルギーの源泉はどこにあるのか? るぎあ 02/02/15 PM01
23999 より良いものにする為の思考。 佐藤賢志 02/02/15 AM00
23997 社会という輪の中に存在する 野村徹 02/02/15 AM00
23959 目の前が開ける感覚 浜永良成 02/02/14 PM09
23939 彷徨える現代人への道標として 大木康子 02/02/14 PM01
23936 みんなで動きだそう! 広岡絵美 02/02/14 PM01
23914 チャンス 端野芳 02/02/14 PM00
23901 人は人 高田敦 02/02/14 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp