市場の支配構造
237957 欧州貴族は何がしたいの?
 
越見源 ( 47 大阪 都市計画 ) 10/09/16 PM06 【印刷用へ
>ここで、「新自由主義」が台頭する以前の欧州は、社会民主主義路線あるいは福祉主義路線であったことを押さえておく必要がある。支配の歴史の浅い、ロックフェラー勢に対して、ロスチャイルドで200年、欧州貴族は400年の歴史を持つ。ロックフェラー勢が支配者としては未熟で野蛮であるのに比して、欧州には永い支配の歴史があり、欧州貴族は福祉という飴玉を与えることで支配の安定化を図るという成熟した高等戦略をとる。つまり支配の歴史がある分、欧州貴族の方が「長期の戦略家」としては一日の長があると見るべきであろう。

>事実、欧州勢は石油ショックに引き続いて、’90年東西ドイツ統合、’91年ソ連邦崩壊、’93年EU発足と、欧州統合に向けて着々と足場固めに入っている。欧州勢は、80年代初頭には、アメリカの落日を認識し、一方では欧州統合を進めつつ、BRICSの市場化戦略(世界の多極化戦略)を進めて来たとみていいだろう。(鳩山由紀夫がいうところの「友愛」路線である。)

>ただし欧州貴族は自らが金融に手を出すわけではなく、金融資本主義の実務はロスチャイルド勢に任せているため、ロスチャイルド勢のバクチ体質が仇となって、戦略は常に安定せず、各地でバブルとその崩壊が引き起こされることになる。ここに欧州貴族+ロスチャイルド連合の構造的な弱点がある。
(’10年夏なんで屋劇場ノート4〜40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族 リンク


1973年のオイルショックを機に、1980年代、D.ロックフェラー主導によって全世界に拡がった新自由主義は、アメリカ(レーガノミクス)や、属国である日本(中曽根)だけでなく、欧州・・・とりわけイギリス(サッチャリズム・・・背後にロスチャイルド)においても開始されている。

これは、社会民主主義や福祉主義が基本路線である欧州貴族(金主)の財産運用を任されているとは言え、所詮ロスチャイルドは金貸しであり、新自由主義は彼らが市場において自由に自らの富を追求する上では魅力的なシステムであったからだ。
この時点ですでに彼ら金主と金貸しの間の構造的弱点が露呈しはじめたと言えるだろう。

また、欧州貴族の力の源泉は、広大な領地や建物などの不動産、あるいは財宝など長い年月をかけて掠奪→蓄積された実態のある富であり、株や証券などの金融商品のように、実態が無く、かつ瞬時に増加したり逆に消滅する類の不安定さを孕んでいない。

更に、欧州貴族は永い歴史において序列原理による安定秩序の頂点に君臨し続けてきたのであり、金貸し達が好き勝手に私権追求した挙句に訪れた現在の秩序不安状況は、(己の資産が瞬時に目減りする危険性も含め)耐えられない状況なのではないか?

そう考えると、’90年東西ドイツ統合、’91年ソ連邦崩壊、’93年EU発足→欧州統合といった“統合”に向かう流れは、失われつつある安定秩序の再構築を目指すものであり、「世界の多極化戦略」も、市場崩壊に伴う世界秩序崩壊を食い止め、安定秩序を維持するための戦略と言えるだろう。(ロックフェラーはその障害物)

但し、彼らが“したいこと”は、それだけではない。
彼らは、あくまでも中世以来、現在まで序列上位の“貴族”であり続けたのであり、彼らの構想する世界安定秩序は、彼らが頂点に君臨することが前提であることを忘れてはいけない。(多極化もその前段階)

しかし、それは決して実現しないとも言える。
なぜなら、豊かさの実現→貧困の消滅によって私権が衰弱した結果、(この間の経済危機が示すように)金貸しのフィールドである市場だけでなく、力の序列原理による統合形態も成立し得なくなるからだ。

広大な領地や財宝を有する貴族達も、私権から共認へのパラダイム転換の巨大な潮流に逆っては存在できない。
 
List
  この記事は 236208 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_237957
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
238130 サルコジ移民排除、貴族たちの指示か? 狒狒 10/09/19 PM01
">「特権階級の空中浮遊とは、どういうことなのか?(3)〜小泉・中曽根元首相の共通点と電通によるメディア支配 「日本を守るのに右も左もない」 10/09/18 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp