日本を守るのに、右も左もない
236800 「ミエミエの特権階級の暴走」すら、見えない大衆
 
猪飼野 ( 50歳代 東京 営業 ) 10/08/26 PM01 【印刷用へ
「誰にでも明らかになってきた特権階級の暴走」を列挙してみました。
 @小沢検挙への、異常な検察の動き(CIAの陰謀)
 A北朝鮮の潜水艦沈没(本当はアメリカ潜水艦のミス)
 B新型インフルエンザ(薬剤会社の陰謀)
 C鳩山首相時の普天間問題(退任後は、マスコミ取り上げず)
 D記者クラブ制度の可否(マスコミは問題視しない)
 E地球温暖化のCO2削減運動(CO2とは関係がない)
 Fゆとり教育を進めてきた文部科学省(いまだに教育方針を示せず)
 G医療悪改正を続ける厚生労働省(病院が潰れて医療体制崩壊中)
 H自給率低下〜休耕地増加止まらず(農政方針が示せない農政省)
 I返せない900兆円の国債(政府、大蔵省は対処方針を持たずに借金)
 .....気になる項目はまだまだある。

しかし列記してみると、本当に問題なの?と多くの人が疑問を呈されることも多そうです。
一方で、それを少しネットで調べれば直ぐに問題であることが分かるのです。
が、多くの大衆は気が付かないか、もしくは、考えようとしない。

〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
認識を反復→定着させることなく、次々に新しい教科内容を詰め込んできた学校教育は愚民教育に等しいのではないか。しかも教えている中身は架空観念のオンパレードである。それが現実の役に立つはずがない。そして、学校に行く動機も己の私権の為。
・・・・・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・・
近代以降、大掛かりな騙しの枠の中に我々ははめ込まれてきたのではないか。233912
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

私たちは膨大な情報を次々に詰め込む教育を受けることで、立ち止まって考えるという事を放棄するように養成されてきたようです。

マスコミから都合のよい偏った情報が多量に流されます。考える事を放棄してしまった大衆は、少しくらいは間違っているかもしれないが、総論は正しいのだろうと、鵜呑みにしてしまうのです。

大衆意識はこのようにしてマスコミにコントロールされています。

しかし、@〜Iのような特権階級の暴走≒社会問題が、驚くほど顕在化して来ています。
さすがにおかしいと思い出して、ネットなどで調べだすと一気に現実が見えてきます。

その様にして、多くの人が「さすがにおかしい」と思い出せば、社会は一気に変わり出すのだと思います。
 
List
  この記事は 233912 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_236800
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp