思考革命:問題意識発から可能性発へ
236721 「自分発からみんな発への転換」を具体的に考えると
 
天神地祇 10/08/24 PM05 【印刷用へ
229248
「自分発からみんな発への転換」、具体的な問題を考える際に、自分発の思考とみんな発の思考ではどのようなところが違っているのだろう。

例えば、常にチームの和を言動によって乱す人がいるという問題を考えてみると
常にチームの和を乱す人に、言動の何が問題(私益のみを考えている場合が多い)で、チームの和を乱していることを指摘し改めてもらおうと考えがちですが、

他方、常にチームの和を乱す人に対して、周りの人が日常的になんの指摘も行っていない(闘争忌避の場合が多い)という問題が同時に存在しています。


前段の場合
対象はあくまで「常にチームの和を乱す人」単独。よって、接触は「常にチームの和を乱す人」単独になる。その人に単独接触しても共認圧力が作用せず、言い訳・誤魔化しのオンパレードで、改まる可能性が低く(表層的な反省)、仮に改まったとしても一時的なもので、次に出てくる「チームの和を乱す人」には全く対応できない。

さらに問題なのは、管理者が一時的な改善で自己満足してしまう可能性が高い。問題の本質が解決していないため、もぐら叩きの様相を呈する状況に陥ってしまうところだと思います。

ここで(一時的に)充足しているのは管理者のみ。「常にチームの和を乱す人」の言動は一時的に減ずるが、自我の抑止力が常に働かないためいずれ再発する。結果、チームの成員は充足しない。
⇒自分発の思考


後段の場合
一気に対象が「チーム全員」に広がる。対象が「チーム全員」となるため、必然的に全員と話し合いの場を持つことになる。これまた必然的に「常にチームの和を乱す人」の実例を扱うことになり、「常にチームの和を乱す人」に共認圧力が作用し、言い訳・誤魔化しが通用しなくなる。

同時に全員の根底にある闘争忌避を表出させ、みんなに改めてもらうことによって(共認することによって)、次に出てくる「チームの和を乱す人」の芽を摘むことも可能になる。

ここで充足するのは管理者のみならず、全員が充足する可能性が高く。かつ、「常にチームの和を乱す人」に日常的に共認圧力が作用するため、改善の方向に進むことになる。(いずれ、自分の言動が問題であったことに気がつく)
⇒みんな発の思考


「自分発の思考とみんな発の思考」との違いは、充足して頂ける対象の広がりが全く違うこと、様々な問題に対して、導き出された方針が「全対象が充足しているか」を検証する必要があることを再認識しました。
 
List
  この記事は 229248 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_236721
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
風土、生産様式、婚姻制
原始婚と性習俗
原始人類(後期)の全員婚
村落共同体の規範について
『日本婚姻史』の概略
日本の交叉婚の特殊性
「交叉婚」の集団性は?
交叉婚で発生した男の自我
江戸時代の結婚〜制度から見た男女の地位〜
西洋人の精神構造と異常な性意識
近代思想の結果が、現代
資本主義とセックス
セックスが「罪深くいやらしいこと」であるから、「処女性」が尊重される
処女観、初交観
夜這い「オコモリ」1
夜這い「オコモリ」2
夜這い「オコモリ」3
夜這い「オコモリ」4
和島家族論
水野家族論
夜這いの解体と一夫一婦制の確立1
夜這いの解体と一夫一婦制の確立2
夜這いの解体と一夫一婦制の確立3
恋愛も代償充足
その関係そのものが、心が通じ合えない構造にある
恋愛は共認不全をごまかす為の価値観念
性的独占意識の心理的転機
多くの男に女として認められること
オヤとコ(柳田民俗学から)
親の囲いが、対象を遮断し、活力を衰弱させる
過保護空間
「子供」という旧観念
婚姻が社会と切り離されて50年も経ってない
「二分の一成人式」に欠落しているもの
謝罪と感謝の方法
心の器
「セクハラ」の驚くべき事実。
イイ子・ワルイ子

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp